グルメ・クッキング

September 21, 2018

あさ沼の「合い盛りそば」

Asamuma_2

「あさ沼」 山形県新庄市大字仁間33 0233-22-5538

 北海道旅行を計画していたのですが地震と停電で中止して、東北で蕎麦なんかを喰ってきました。

 最初に訪問したのは新庄。

 駅から「さぶん」まで歩いて、念願の鴨南蛮をいただいた後、旧新庄城跡の戸澤神社などをめぐり、そのまま半分、ランニングしながら庄司そばまでたどり着いたら臨時休業。

 しかし、「あさ沼」もそんなに遠くないところにあるので、さらに速歩で訪問しました。

 二時前ぐらいに着いたんですが、民家のようなお店は地元の方で賑わっていました。

 さっそく出羽桜の冷やで喉を潤したんですが、おおぶりの片口になみなみと注がれてきて感激。

Asamuma_3


 蕎麦には皮の薄い丸茄子の漬物がついてきました。

 ちょっと塩っぱくて、最高の酒のつまみにもなりました。

 お声かかりでもってきてもらった「合い盛りそば」は田舎蕎麦に驚きました。

 こんなのみたことありません。

 蕎麦の香りたっぷりの蕎麦を堪能しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2018

とらきち家のチャーシュー麺

Torakichi_1

「とらきち家 」 横浜市神奈川区西神奈川3-1-1 045-491-5953

 激しい運動の疲れをとるために長く泳いで、いつものように家でプロテインを飲むかと思ったけどお腹空きすぎて「とらきち家」でチャーシュー麺をいただきました。

 チャーシューでタンパク質を取ればいい作戦。

  「とらきち家」はかつての家系の名店「六角家」の隣に開店した挑戦的な店です。

 結局、六角家は末廣家、とらきち家に挟まれて閉店。

 子供の頃からのジャイアンツファンだけど阪神は昔から鷹揚に許していたし、今や阪急HD傘下で宝塚と同格というか従姉妹同士みたな関係になったので無問題。

 今時の家系の暴力的なまでに端正なスープはかえしの強さが特徴でしょうか。

Torakichi_2

 チャーシューはスモーキー。

 肉厚で豚肩を使っている感じ。

 分厚い海苔、スープによく合うほうれん草も家系の証。

 大満足の一杯でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2018

末廣家の大盛りラーメン

Suehiroya_1
末廣家 横浜市神奈川区六角橋1-14-7 045-642-3400

 ジャンクフードはなるべく食べないようにしているのですが、夏の終わりも予感させるような空になってきて「そういえば泳いだ後のラーメンを今年はやってないな」と思いたちました。

 行列ができないうちに、と11時開店の5分前ぐらいに着くように、2000メートルぐらい泳いでから六角橋の「末廣家」へ。

 六角橋は閉店してしまった六角家、とらきち家など家系ラーメンが立ち並ぶところ。

 この末廣家は創業者である吉村氏から免許皆伝を許された者だけが許される直系店を名乗っています。

 スープは最近の家系らしくワイルドながらも雑味のない味。

 チャーシューはでかいのでモモ肉でしょうか。

Suehiroya_2

 それを薄く一枚載せています。

 麺は酒井製麺が家系ラーメン店に卸している約3種類のうち吉村家および直系店だけに卸している特注麺みたい。

 など、うんちくを語るまでもないんまいラーメンで、大盛り(麺硬め、味濃いめ、油少なめ)のスープも完飲しました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2018

ビフテキ家あづまのあづスパ

Azu_spa


ビフテキ家あづま 新宿区新宿3-6-12 藤堂ビル1F 3351-0188

 先日、新宿・末廣亭横にあるビフテキ家あづまを久々に訪問しました。

 安定の洋食屋さんです。

 ぼくは、あづスパ(カレーライス、ナポリタン、カニクリームコロッケのワンプレート)、もう一人は2品を選べるメニューを選択。

 ビール1本頼んで二人で3200円というリーズナブルな夕食に。

 昔は「じゅうじゅう焼き」を食べたかな。

 定食系では末廣亭からもうちょい先の「洋食屋」の方が美味かったけど、もう無い。

 末廣亭とあづまの変わらなさはそれだけで素晴らしいのかも。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 09, 2018

横浜魚市場卸協同組合厚生食堂の市場カレー

Yokohama_shijo_curry_1

横浜魚市場卸協同組合厚生食堂 045-441-5559

 梅雨の豪雨の間をついてのランニングついでにカレーを喰ってきました。

 鉄腕dashのカレー部で紹介されていた横浜魚市場卸協同組合厚生食堂の市場カレー。

 臨港パーク、新港パーク、赤煉瓦、山下公園を巡って帰る12kmのランニングコースを折り返した終盤途中にあるのが中央市場へ。

 すぐに出てきたカレーは、ややシャバシャバしているものの、確かに飽きのこないしっかりしたカレー。

 お代は400円。

 また、お味噌汁がダシが効きまくってんまい!

 さすが鮮魚部にある食堂。

Yokohama_shijo_curry_2

 水道の蛇口からざっと頭から水をかぶり、持参のタオルで拭いて、それを頭に巻いていただきました。

 場所は有名なもみじやなどのあるビルではなく、道路沿いの裏っ側。

 ワールドカップとか、ユーロとか、CL決勝などを友人たちと見た後「朝飯食ってく?」という時に中央市場は使ってきました。

 これまでは秋葉食堂や飲食街が多かったけど、これからも、ここも連れていきたいと思いました。

 ちなみに営業時間はam3:00-pm3:00。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2018

出石蕎麦

Izushi_eiraku

 出石を訪問してきました。但馬の国は「十分の一殿」と呼ばれた山名氏の本拠地。それにしては鉄道も通っていなくて、なかなか行けなかったのですが、城崎温泉からバスで。

 で、蕎麦ですよ。

 行ったのは永楽と玄(写真も永楽、玄の順)。

 「よしむら」に行こうと思ったのですが、火曜日か水曜日を定休日にしている店が多くて「よしむら」は休み。

 また、永楽は組合に入っていないアウトサイダーとなっています。

 組合系もアウトサイダーも最低5皿からが基本(小皿ですが)。追加も5皿から。

 まあ、とにかく物凄い数の蕎麦屋さんがあって「蕎麦は単価が高くて儲かるんだろうな」とw

Izushi_gen

 とにかく寒かったのでぬる燗を所望して、トロロが出てくるのはわかっていたので、わさび芋でも勝手につくってつまみにしようかと思ったのですが、観光地なので、そういった配慮はなく、蕎麦もどんどん持ってこられたのにはまいりました。

 ここらへん「蕎麦はお声がけ」という感じがデフォルトじゃないんだな、と。

 「玄」は最初のひと皿を塩で喰わせます。

 よく整備された街並みはなかなかでしたが、どうも薮系のしょっぱい汁になれすぎているのか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2016

「徒歩徒歩亭」の皿雲呑

Tohotoho3

「徒歩徒歩亭」 新宿区三栄町9-26 鈴木ビル 1F 5269-7717

 「こうや」の姉妹店。

 「こうや」は四谷のしんみち通りのはずれで屋台のラーメン屋で開業したのが始まり。

 その時の屋台の屋号が「徒歩徒歩亭」。いまは近くで姉妹店として粥なんかも出しています。

 天井の高い店内は開放的。

 ルアーなど釣り道具や釣り風景が品良く飾られています。

Tohotoho2

 頼んだのは皿雲呑。

 こうやの雲呑は皮も厚いし、餡も大きいので夏は皿に限ります。

 冷えた麦酒があれば幸せ。

 アテで出てくるウリの漬け物もおいしい。

 「こうや」でも好きな醤玉もつけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2016

「サクラ サクラ」の一の膳

Sakura_sakura

サクラ サクラ(SAKURA SAKURA) 港区赤坂2-20-10 3583-3132

 最近、気の利いた和食の店が出店している、溜池から六本木に向かう道に沿った裏通りにあるお店。

 すでにご紹介した帰燕と井ざわの間にあります。

 白いコンクリートの壁と広く取ったガラス窓のモダンな外観でどこか垢ぬけています。

 座席はカウンターとテーブル席がふたつ、奥に和室。

 1時すぎなに満席で、ぼくが立った後も、どんどん入ってきていました。

 頼んだのは一の膳。

 お造り、炊き合わせ、本日の1品にご飯、味噌椀、お漬物。

 ご飯は十穀米で漬け物は大根でした。

 炊き合わせも大根が多く、フードコストを下げている感じはしましたが、美味しかったので問題なし。

 若いサラリーマンだと物足りないかもしれませんが、ぼくには十分でした。

 ほうじ茶も美味しかったかな。

 帰燕と井ざわのランチが1600円なのに対して、こちらは1280円ということで、女性客の比率が高かったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2016

無門四谷の「ローストポーク丼」

Mumon_pork

無門四谷 新宿区舟町3-20 3226-6762

 夜はフグなんかを出す店ですが、ランチがいいのでよく利用します。

 いつもは海鮮丼を頼むんですが、最近、ローストポーク丼が出てきたので、今回、頼んで見ました。

 トッピングされた卵の黄身を溶いて、そこにタレをかけます。

 最初はそうやって海鮮丼といいますか、鉄火丼みたいな感じでいただいて、ある程度進んだら、出汁をかけてお茶漬けにします。

 サラサラと最後まで飽きずにいただけて満足。

Mumon_beer

 お新香もちゃんとしている。

 ランチビールを付けても1066円という安さは「大丈夫なのか」と心配してしまうほどのコストパフォーマンスの良さ。

 食後の珈琲もしっかりしたものが出てきますし、席もゆったり座れます。

 最寄りは四谷三丁目ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2016

「井ざわ」の週替わり御膳

Izawa2

「井ざわ」港区赤坂2-22-11 メイプルアーベント赤坂1階 3568-2350

 溜池から六本木に向かう六本木通りを一本赤坂方向に並行する裏道に隠れ家風の店が増えているな、ということで、井ざわに。

 いただいたのは週替わり御膳ランチ。

 ひと口ビールをつけて1800円はこんなものかなぁ、みたいな。

 料理長は「亀や」の東京店「阿部」の料理長として08年、09年にミシュラン一つ星を獲得した山本栄治さん。

 近くにある同じようなコンセプトの「帰燕」(きえん)のようなキラーコンテンツは「みやじ豚」みたい。

 入り口からして店があるのかわかりづらいエクスクルーシブなつくり。

Izawa1

 帰燕と違って個室があるからビジネスユースとしては使い勝手は良さそう。

 こんどは「帰燕」と「井ざわ」の間にある「SAKURA SAKURA」を訪問してみような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧