« 『プレイバック』 | Main | ビフテキ家あづまのあづスパ »

August 08, 2018

『水底の女』

Lady_in_the_lake

『水底の女』チャンドラー、村上春樹訳、早川書房

 村上春樹さんによるチャンドラー長編小説の翻訳もこれが最後。

 第二次世界大戦中のカルフォルニアが舞台。ダムを防衛する州兵、合成ゴムが大量に生産される前ということもあって徴用されるゴムなど、戦時中ということがわかる部分もあるが、基本的にマーロウものの雰囲気は戦前、戦中、戦後を通じて変わらない。

 《医師というのはだいたいにおいて他人にはほとんど好奇心を抱かない人種であるからだ》(p.39)、《太陽は朝には年代物のシェリー酒のように軽くドライになり、真っ昼間には燃えさかる火炉のように熱くなり、黄昏時には怒った煉瓦となって沈んでいく》(p.343)などの人物、風景描写は相変わらず素晴らしい。

 それにしても、旧版ではまったく触れられていなかった複雑な警察制度は、なぜこんな風になったのか、ということも含めて知りたくなるほど面白い。そして『ロング・グッドバイ』などにも通じる麻薬医者(ドープ・ドクター)の存在も。

 07年の『ロング・グッドバイ』から10年かけて7作を翻訳しおえた村上さんはチャンドラー・ロスになりそうだ、と後書きに書いているけど、読者としては村上春樹訳のチャンドラー・ロスになりそうです。

 フィッツジェラルドのように短編の翻訳も読みたいんですが、やってくれないかな。

|

« 『プレイバック』 | Main | ビフテキ家あづまのあづスパ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/67033635

Listed below are links to weblogs that reference 『水底の女』:

« 『プレイバック』 | Main | ビフテキ家あづまのあづスパ »