« ゴジラという使徒 | Main | 『丸山眞男講義録4』#4 »

August 26, 2016

『丸山眞男講義録4』#3

 [第2章 古代王制のイデオロギー的形成]

 古代おける天皇制権威の累積過程を1)呪術的司祭者としてのカリスマ2)軍事指導者としてのカリスマ3)アマテラスのカリスマ4)血統カリスマ5)血縁共同体の擬制―という5つの側面から考察したのが第2章。

 血縁共同体の擬制は天皇の権威を領土、臣下と結びつけるイデオロギーで、アマテラスと地方神の親族関係が擬制され、現実的にも神話的にもそこからヒエラルヒーが形成されていった、と。

 また、世襲の継続は、それ自体がカリスマの証となるということから、日本において王権の正統性根拠は時間の経過の次元になる、と。それは永遠の観念の欠如からきており、絶対者の欠如にもつながり、そこには「カリスマの意味の逆転」(Weber)が強く作用している、というあたりも面白かった。

 また、原始共同体的な合議の習慣も強く持続されたが、それはデモクラシーではなく、リーダーシップの責任の所在を曖昧にし、豪族の恣意的決定に道をひらいたといあたりも、いまの日本に通底していると感じます。

 ということで、この章では「原型」の問題が天皇権威の思想的由来に則して検討されます。

 政治権力と政治団体の発生は、平等な集団の内部で役割遂行の機能分化が発展し、価値配分をめぐる紛争を権威的に調整する人間の資格・地位が制度化されることによって、支配団体(Herrschaft)へと転化していく、というのが前提。

 アリストテレス政治学では血縁共同体内部の支配形象の発生過程が政治権力の発生の一般的パターンとして考察の対象となってきたが、指導者が単なるGenosse(仲間)からHerr(主人・支配者)になり、成員に対する支配の契機を含むことなしには、政治権力、政治団体にはならない。だからHerrの権威はどういう状況・出来事への対応形態として出てくるのかが問われねばならない。

 ほとんどあらゆる政治集団のHerrは始原的に特定の称号を持つ王もしくは君主となった。

 王の権威の源泉としては

1)日常的生活欲求から生まれる要素(灌漑・鉄器使用後は、男性労働の介入とともに女性の優位が崩れ、家長的権威が発生する)
2)非日常的事態への対応(自然の暴威、他の政治集団からの脅威から生じる首長のカリスマの累積)。王の権威の思想的源泉は災厄のデーモンを祓ったり、旱魃の際の降雨を祈ることなどから質的飛躍がおこり、戦勝によるカリスマの権威が誕生し累積する。

 日本古代おける天皇制権威の累積過程は1)呪術的司祭者としてのカリスマ2)軍事指導者としてのカリスマ3)アマテラス(日神)カリスマ4)血統カリスマ5)血縁共同体の擬制―という5つの側面から考察する必要がある。前の4つは天皇の権威が他の族長のそれに優越してきた過程と原因の考察であり、最後は天皇の権威を領土、臣下と結びつけるイデオロギー的要素の考察となる。

[天皇の呪術的司祭者としてのカリスマ]

 ヤマト国が形成されるはるか以前からシャーマン的権威を基礎とする族長連合があったことは魏志倭人伝からうかがえる。

 古事記の崇神天皇の条からは、呪術が功を奏するためには一定の儀礼により、神の子(または子孫)が祭祀執行者になることが必要。

 推古帝が女帝であったことは、蘇我氏が滅亡した後の仏教興隆の時代にも、シャーマンの機能が生きていたことが暗示される。

 呪術的祭祀の職務は早くから中臣氏・忌部氏などによって代行されてきたが、非常危機の時には天皇自ら祭主として祈願を行った。天皇の宮中祭祀が重要な職務であるという観念は現実の統治行為を摂政・関白に委ねるという精神的権威と政治権力の分離が日本の伝統となった。

 中国においては、祭天の行事が皇帝の職務であったにもかかわらず、皇帝は現実に政治権力の最高決断者であったので、儒教的な徳治主義が第一義的な正統性根拠として伝統化していったのと対照的。

 日本では律令制で唐制が模倣されたものの、唐制にない神祇官を設定して太政官の上においた。

 現人神の名称は日本書記景行天皇四十年、ヤマトタケルが「吾是現人神之子也」と言ったのが初見。聖徳太子の憲法には現人神の観念はない。また、祭祀・礼拝の対象でもなかった。天皇自身ではなく、皇祖神の礼拝が前面に出てきたのは壬申の乱後、天武天皇のクーデター的勝利が1つの画期となった。

 中国では『唐書』上元三年(675年)に「皇帝称天皇」とあり、日本より遅れている。

 天子でなく天皇と呼ばれたことは、普遍者による地上の権威の制約という意識が弱かったことを物語り、日本の天皇の方が絶対的性格が強い。しかし、現実の権力集中ははるかに及ばないという二重性がある。

 要約すると

1)天皇の地上における権威は神々に優越する(現人神)
2)しかし神々への祭祀は重要で、徳治よりも呪術が優先される。地方神は、族長集団をそのまま抱きかかえるように統合していったから祭られ、神々の統合によって国家の統合が進められた。
3)天皇は祭祀の対象として神聖化されたことはない

[軍事的指導者としてのカリスマ]

 高天原神話ではアマテラスは女神にもかかわらず、スサノヲを迎える時には男装の完全武装で臨む。「稜威の竹鞆を佩ばして」の部分は天皇の権威を示す「御稜威(みいつ)」という言葉の元。

 軍事力行使に対する規範的な制約が薄く、戦闘的精神に対する崇敬の自然的感情が肯定される傾向は、原型的な「いきほひ」重視からも理解される。しかし、軍事的英雄という要素は、アマテラスに由来する血統カリスマや祭祀の最高統率者と結合してのみ正統性根拠の構成要素となった。

 軍事的カリスマとしての価値は呪術的祭祀者としてカリスマより下位にあったことは、武家政治でも天皇カリスマが消失しなかった理由でもある。戦争指導者のカリスマの亢進は王制の重要な発生原因でもあるが、多くの王朝は対外戦争の失敗によって没落していった。

[アマテラス(日神)カリスマ(日ノ神アマテラスの神聖性)―神勅的正統性の淵源]

 天皇家を頂点としたヤマト族が他の地方豪族を服属させることができたのは、アマテラス神の他の神々への優越を考えなければならない。

 日ノ神を守護神とする小族長集団は、ヤマト国家形成のはるか以前から北九州を中心として広く散布していたと推定される。

 稲米儀礼が広汎に見出される東南アジアで、穀霊が太陽の子(日ノ御子)としてゅうきょうてき崇敬の対象となっている。

 アマテラスは1)万物の化育者として太陽に結びつき2)宇宙(高天原)の中心でもあるという二つの象徴化がある。天孫降臨は日ノ神を守護神とするヤマト族団が地方豪族を征服統合していった過程を正当化する。

 エジプト、メソポタミアで太陽は無からの創造者だが、日本は十分な降雨を持つから、灌漑による収穫物の創造という表象は生まれにくく、無からの創造という観念は乏しい。ただし、君主=呪術者はrain-makerとして降雨を促す機能を与えられる。よってアマテラスは生成を促すものであり、他の神々と協働しつつ、その中心の役割を果たし、他の支配の客体としない。

[血統カリスマ]

 世襲の継続は、それ自体がカリスマの証となる(カリスマの意味の逆転 by Weber)。

 カリスマに帰属される主体は個人よりは皇室、蘇我氏などの家であり、特殊な氏が呪術的恩寵を受けているという観念がカリスマの世襲と結びつく。

 しかし、長子相続が確立されなかったので、皇位継承をめぐる皇族間の殺戮が発生し、そこに、個人的カリスマ=徳に基づく正統性原理としてり中国の有徳者君主思想が介入してくる契機がある。

 血統カリスマは他のあらゆる氏に共通しており、呪術、降雨、祭祀など職務カリスマの権限は天皇からの官職授与に基づく忠誠関係ではなく、カリスマの世襲に基づいている。十七条憲法から大化の改新は、臣・連のカリスマを否定して、たとえ世襲官職の形にせよ、天皇への忠誠に基づいて授与された職能として正当化する方向だった。

 カリスマ的権威は、服従者の承認に依存している(p.108)。このため、王朝転覆の可能性が内包される。中国における易姓革命は天命が人民の背理を通じて現れるという「民本主義」的なものであっても、人民の自由意志による指導者や政治体制の選択権をみとめる人民主権論とは区別されるが、君主の権威を不可測の神意に依存させる王権神授説とも違って、人民に対する責任の理論を内包している。

[血縁共同体の擬制]

 天皇の政治的権威は四世紀の終わり頃までにはprimus inter pares(同位者中の第一人者)的意味での代表的首長から、政治的支配者まで高まっていったのは仁徳陵の規模から推定される。

 血縁共同体の擬制は、カリスマ的権威に内包する不安定性を減少させる役割を果たすもので、皇族と他の氏族を結びつける契機となった

 婚姻関係の他、征服首長の場合には、守護神(祖神)間の親族関係が擬制された。氏族の側からも、氏のカリスマ的権威を高めて安定させたいという要請にも適合していた。天皇家を頂点とする豪族統合のヒエラルヒーの形成過程は、同族団的擬制の拡大と並行していた

 天皇はオホヤケ、臣はコヤケと呼ばれたが、家父権よりも、親子の情緒的結合にアクセントが置かれた。

 原始共同体的な合議の習慣も強く持続され、周智を集めて集団的結束を強化するということでjustifyされた。開戦、大規模自然災害への対応など重大事においては、現代でもそうなっているが、これは古典的なデスポティズム(専制主義)との相違をもたらす。十七条憲法「十七に曰わく、それ事は独り断むべからず。必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし」のほか、記紀でも「共治」が語られている。

 これはデモクラシーではなく、統治の方式であり、リーダーシップの責任の所在を曖昧にし、豪族の恣意的決定に道をひらいた。

 日本において王権の正統性根拠は時間の経過に次元になる。それは永遠の観念の欠如からきており、絶対者の欠如にもつながる。

|

« ゴジラという使徒 | Main | 『丸山眞男講義録4』#4 »

「丸山眞男講義録」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/64112881

Listed below are links to weblogs that reference 『丸山眞男講義録4』#3:

« ゴジラという使徒 | Main | 『丸山眞男講義録4』#4 »