« 『丸山眞男講義録7』#5 | Main | 「井ざわ」の週替わり御膳 »

May 18, 2016

エレーヌ・グリモー ピアノリサイタル

 エレーヌ・グリモーのピアノリサイタルに行ってきました。

 Hélène Grimaudはフランス生まれなのにブラームスで評価を受けるというデビューでした。

 リサイタルは2部構成。

 1部は最新のアルバム『Water』から。『Water』は水をテーマにしたインスタレーションといますかコンピュレーション・アルバムです。水をイメージとした8曲のピアノ曲の間に二ティン・ソーニーによるアンビエント・ミュージックを挟む構成。

 コンサートでは1部が

1. ベリオ:水のクラヴィア
2. 武満徹:雨の樹 II(オリヴィエ・メシアンの追憶に)
3. フォーレ:舟歌第5番嬰ヘ短調 Op. 66
4. ラヴェル:『水の戯れ』 M. 30
5. アルベニス:『アルメーリア』第2巻「イベリア組曲2巻2曲」
6. リスト:「エステ荘の噴水」
7. ヤナーチェク:『霧の中で』~アンダンテ
8. ドビュッシー:「沈める寺」

 2部がブーラームスのピアノソナタ第2番嬰ヘ短調。

 デビューと最新作でどうでしょう、という感じ。

 武満の「雨の木」はこんなに旋律が良かったかな、という曲。ドビュッシーの「沈める寺」はキラキラ輝いていました。

 プラームスは現代音楽みたい。ちなみに、この嬰ハ短調は《若干19歳のブラームスが作曲し、クララ・シューマンに捧げた》とのこと。

 クラシックのピアニストにもセルフ・プロデュース能力が求められる時代だな、と感じました、。

 10列目という望外な席で、美しいお姿を見られたこともラッキーでした。

 オフィシャルサイトから「沈める寺」をどうぞ

『Water』
1. ベリオ:水のクラヴィア [2:10]
2. Water - Transition 1 [1:17]
3. 武満徹:雨の樹 II(オリヴィエ・メシアンの追憶に)[5:25]
4. Water - Transition 2 [1:41]
5. フォーレ:舟歌第5番嬰ヘ短調 Op. 66 [6:38]
6. Water - Transition 3 [1:33]
7. ラヴェル:『水の戯れ』 M. 30 [5:10]
8. Water - Transition 4 [1:27]
9. アルベニス:『アルメーリア』第2巻「イベリア組曲2巻2曲」 [10:06]
10. Water - Transition 5 [0:55]
11. リスト:「エステ荘の噴水」 [7:38]
12. Water - Transition 6 [1:33]
13. ヤナーチェク:『霧の中で』~アンダンテ [4:32]
14. Water - Transition 7 [1:15]
15. ドビュッシー:「沈める寺」 [6:03]

|

« 『丸山眞男講義録7』#5 | Main | 「井ざわ」の週替わり御膳 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/63648292

Listed below are links to weblogs that reference エレーヌ・グリモー ピアノリサイタル:

« 『丸山眞男講義録7』#5 | Main | 「井ざわ」の週替わり御膳 »