« 『丸山眞男講義録7』#1 | Main | 「帰燕」の和定食 »

April 27, 2016

「すし匠」のばらちらし

Sushishow1

「すし匠(すししょう)」 新宿区四谷1-11 陽臨堂ビル 3351-6387

 門構えからして名店。しかも、このクラスの鮨屋にしては、昼時にランチをやってくれている。

 いつもは昼でも要予約だが、フラッとよってみたら空いていたので、さっそく注文。

 とはいっても昼はばらちらしのみ。2000円。

 具は、雲丹、イクラ、鮑、鮪、海老、タコ、鯛、穴子、子持ち昆布、小肌、蛤、胡瓜、蒲鉾、玉子などなど。「しみず」ではオミヤで3500円ぐらいするから、安いですよ。

 若い人には物足りない量だろうけど、ぼくぐらいだとぴったりな感じ。

Sushishow2

 気温も上がっていたのでビールも頼む。

 ビールは700円だったので2700円の大満足のランチに。

 店内は大きくもないが、カウンターだけでなく小上がりもある。

 前の大将は去年からたしかハワイの人になってしまったが、いまの職人も元気があり、配膳係も鮨竹の竹内さんみたいな女性がいて明るい。

 お代の時「史恵さんに似てるね。頑張ってね」と声をかけたら。「まだまだそんな…でも、頑張ります!」と応えてくれた。

 表通りに出て、すぐの有明家でアサリの佃煮を飼えば、その後も大勝利間違いなしの展開となります。

|

« 『丸山眞男講義録7』#1 | Main | 「帰燕」の和定食 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/63544507

Listed below are links to weblogs that reference 「すし匠」のばらちらし:

« 『丸山眞男講義録7』#1 | Main | 「帰燕」の和定食 »