« 『日本精神史(下)』 | Main | 『打撃の神髄 榎本喜八伝』 »

March 02, 2016

兼定

Kanesada1

「兼定 (かねさだ)」港区六本木4-4-6 谷口ビル 3403-3648

 「兼定(かねさだ)」は都内でも有名な寿司の名店だけど、ほとんど予約がとれない店。

 ぼくがフランチャイズにしている「しみづ」も常連以外は基本、予約は取れなくて、実際に店に来て万が一あいていたらどうぞ、という感じ。

 その「しみづ」と「鮨竹」を紹介して、予約を取ってあげた方から「お礼に」といって、「兼定」に連れていってもらいました。とはいっても、会社からすぐなので店で待ち合わせたのですが。

 いわゆる江戸前ではなく、創作系のお鮨屋さんでしょうか。

 白魚には季節は感じます。

 まるで鮨みたいな金目鯛の焼きは驚きました。

 お造りの平目もちょっとおいておいたから、寿司の形にあらためてくれました。

Kanesada2

 以下は、グルメの師匠として私淑していたさくまあきらさんによる評。

 200勝投手とのことで、納得です。

 せっかく紹介を受けたので近いうちに再訪しなくては…。

 《わが家のお寿司ローテーションの編成に迷う。
「喜(き)寿司」、「おけいすし」、「鮨金」の3本柱だけでも、万全なのに、このところ深川の「匠」はもっと先発させたい先発要員だし、静岡の「末廣寿司」だって、先発に加えたいくらいだ。
 六本木「兼定(かねさだ)」は、200勝投手だ。
「美家古寿司」だって、「すきやばし次郎」だって、銀座「久兵衛」だって、東京プリンスホテルの「五徳」だって、全然行けない。
 さすがに、青森のお寿司屋をローテーションに加えないけど。
 ほかにも中継ぎ陣として、築地の値段の安いお寿司屋さんたちはかかせない。
 この世の中には、おいしいお寿司屋さんが多すぎる。》

|

« 『日本精神史(下)』 | Main | 『打撃の神髄 榎本喜八伝』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/63288244

Listed below are links to weblogs that reference 兼定:

« 『日本精神史(下)』 | Main | 『打撃の神髄 榎本喜八伝』 »