« 兼定 | Main | 『戦争と平和 ある観察』 »

March 15, 2016

『打撃の神髄 榎本喜八伝』

『打撃の神髄 榎本喜八伝』松井浩、講談社+α文庫

Enomot_kihachi

 榎本喜八さんは現役時代から日本を代表するバッターとして評価が高かったことを覚えています。

 しかし、人気のないパ・リーグということもあって、当時から巨人ファンだったぼくの記憶に残るのは、オールスター・ゲームと巨人との日本シリーズぐらい。

 それでもケレンミのないフルスイングは印象に残っています。ほとんど不動の構えから、打てるボールが来ると迷わずフルスイングし、弾丸ライナーが飛んでいく、というイメージ。強烈でした。

 ぼくはピッチャーでは、サンディー・コーファックスの投球フォームが一番好きなのですが、同じように身体が毀れるのを恐れない目一杯の使い方が強く印象に残ります。榎本さんも、コーファックスも身体の軸を中心に目一杯、バットや指の先端を最高速度で回転させるのですが、軸がぶれず、スピードが気持ち良く加速していくところが似ていると思います。

 張本勲さんと打撃部門でいつも争っていた印象だったのですが、いつの間にか引退してしまい、その後もコーチなどに就任せず、忘れていたんですが、思い出したのは沢木耕太郎さんのノフィクション短編集『敗れざる者たち』。収録されている『さらば宝石』を読んで驚きました。なにせ、引退後もトーニングを続け現役復帰を目指していた、というんです。「大丈夫かな…」と心配したのを覚えていますが、ようやくその謎が解けました。

 求道者的なスタイルは、回りの選手たちから浮きまくり、たまった鬱積を空気銃でカエルを撃つことや、コカ・コーラの瓶、家のガラスをたたき割ることで解消するようなことが多くなり、最後はベンチ裏の医務室のドアも破壊するまでになってしまい、もてあまされたんだな、と。

 最後は自宅の応接間に猟銃を持って立てこもり、高校時代からのバッティングの師である荒川博さんが説得しようとしても応ぜず、入ったとたんに威嚇射撃で撃たれたというんです(p.366)。

 本来ならば、功労者ということで二軍コーチぐらいにはなれたんでしょうが、これでは使えないわな、と。

 沢木さんが『さらば宝石』で伝えた40歳を過ぎてからもトレーニングしていたという話しは、現役復帰を目指したものではなく、大洋ホエールズの監督なった青田昇さんが打撃コーチとして使いたいという噂を信じたからだといいます。

 その打撃理論は臍下丹田を重視し、身体の各部分を結ぶ線を意識するという植芝盛平翁の合気道を元にしたもので、近代的な野球にはマッチしませんでした。現役時代後半からは、若手に教えようとするんですが、伝わらなかったといいます。

 しかし、今の言葉でいえばゾーンに入たということなんでしょうが、1963年7月から8月にかけて本人の言葉によれば「神の領域」に達し、「間が消滅し」「周りがゆっくり見える」状態になったといいます。

 この状態を榎本さんはバットを光より速く振れる「勝速日」と言ったそうです。

 著者は96年から2年をかけて榎本喜八さんから聞き取り、その後、6年間の勉強を経て理解したといいます。

 289頁からのこの状態に関する記述はこの本の白眉です。

 また、臍下丹田を意識する合気打法についてはp.173から詳しく書かれており、今後、誰かの道しるべになるのではないかと思います。

 曰く、臍下丹田を意識した深呼吸を繰り返すと横隔膜がよく動き肺に空気がく入るようになる、と。さらには腸腰筋もうまく使えるようになる、と。

 榎本さんの理論によると、立つ姿勢は母子球重心ではなく、踵重心だそうで、腸腰筋をうまく使えると太い腓骨を軽く上げられるようになるんだそうです。

 最近、古武道などで踵重心、腸腰筋が重視されています。本来はブレーキをかける目的の大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)ではなく、腸腰筋を使えば、ブレーキをかけない効率的な走りや動きができるそうで、なるほどな、と。

 榎本さんは2012年にお亡くなりになりましたが、16年1月に野球殿堂入りを果たしました。05年に本書が出た時には見逃していましたが、殿堂入りを機に文庫化されて本当にありがたかったです。

 また、ネットを使ったティーバッティングは榎本さんが工夫して広まったというのも知りました。

 運動に関する理論、身体の使い方の理論に興味がある方もにもお勧めです。


|

« 兼定 | Main | 『戦争と平和 ある観察』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/63347961

Listed below are links to weblogs that reference 『打撃の神髄 榎本喜八伝』:

« 兼定 | Main | 『戦争と平和 ある観察』 »