« 『語られなかった敗者の国鉄改革』 | Main | ファイアー・ハウスのアボガド・バーガー »

October 28, 2015

松也の『音羽嶽だんまり』

Kabukiza_201510ffl

 まあ、ぼくが大して知らなかっただけなのでしょうが、今年の夏から秋にかけての発見は尾上松也でした。

 その松也の歌舞伎座初主演が『音羽嶽だんまり(おとわがたけだんまり)』でした。

 筋なんかあってなきがごとくの時代物で、主人公である盗賊の音羽夜叉五郎が平将門の刀と旗印を奪い、それを平将門の遺児が暗闇の中で狙うという所作が続くだけ。

 菊五郎劇団の若手が昼の一番という番組ながら気合いを入れて踊りまくっていました。

 時蔵の次男で梅枝の弟である萬太郎の踊りも良かったなと思いましたが、やはり松也の動きにはカタルシスを
感じます。

 スピードがあって、決まっている。

 そして、スッポンから出るわ、最後は花道を飛び六法で去って行くわの大役で、歌舞伎座全体を支配する気合いが感じられました。

 それはミュージカル『エリザベート』のルキーニ役でも感じた支配力。

 あそこまで濃厚な色気を感じさせる立役の俳優は、海老蔵ぐらい。

 ひょっとしたら大名跡に一代で大化けするんじゃないかな、と感じるくらい。

 そういえば、萬太郎の兄である梅枝は文七元結で文七を演じてましたね。

 若手が育ってきたことを感じさせてくれた十月ですが、十一月はまた、煮詰まったような出し物になってガックリです。

 ま、十二月の七之助祭は昼も夜も行きますが!

|

« 『語られなかった敗者の国鉄改革』 | Main | ファイアー・ハウスのアボガド・バーガー »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/62566420

Listed below are links to weblogs that reference 松也の『音羽嶽だんまり』:

« 『語られなかった敗者の国鉄改革』 | Main | ファイアー・ハウスのアボガド・バーガー »