« 『知の格闘』 | Main | 『幕末から維新へ』シリーズ日本近世史5 »

June 04, 2015

米吉の薄雪姫

Kabukiza_201506f

 昨日は歌舞伎座で新薄雪物語を見物。

 通しでやるような演目かよ、とも思うのですが、正宗内という大詰は久々にやるそうなので、こういうの
を見逃すと悔しいからということで来たんですが、一番嬉しかったのは、音羽屋の女将さんが、女将さん業をしているのを見られたこと。

 藤純子さま、本当にお綺麗でした。

 ツーショットをお願いしようかとか、加藤泰監督のようなローアングルからご尊顔を拝そうかと思ったんですけど、かろうじて我慢して会釈だけで通り過ぎた小生は本当にジェントルマンwあとでハッと気付いたんですが、宝塚101期生の星蘭ひとみさんが藤純子さまに雰囲気が似ているんですよ。大女優顔といいますか。

 にしても新薄雪物語の正宗内。

 勘三郎、團十郎、三津五郎もいなくなり、格的には橋之助あたりが頑張らなければ歌舞伎もスカスカになるんじゃないかと思うけど、劇中でリズミカルに刀を打つ場面で音の出ないところを打ってしまったりしてガッカリ。

 あにやってんだよ…あれだけでクライマックスに持って行かねばならない舞台の熱が思い切り冷めました。小生が寛子女将の立場だったら、出口で謝りまくるレベル。

 最後の夕顔棚、歌舞伎座でかける芝居っつうか、踊りかね?少人数の地方周りでやればいいのに。にしても、一番、華を感じたのが玄関先に立つ藤純子さまというのは…演目も面白くないし、役者も爺さんばっか。これじゃな…新薄雪物語も二年前に若手でかけたばっかりじゃない。あんなの5年に一度で十分でしょ。

 最近、歌舞伎を見てスカッとしたとか、ウットリしたとかの割合が減りまくり。今日も、好きそうな人たちが『ま、ハネるのが早いのだけだな、良かったのは』とか言ってたし。つか、場内もスカスカだし…大丈夫か。

 まあ、良かったのは…中村米吉かなw薄雪姫、綺麗でした。團菊祭りの『天一坊大岡政談』お霜に続き、役が回ってきている感じ。

 薄雪姫は福助が倒れなきゃ児太郎がやってたろうけど…(児太郎は男役に変わった方がいいんじゃ)。

 というのも五月の歌舞伎座に出ていた中村歌昇と種之助の播磨屋ブラザーズ(またの名をうたたね兄弟)もよかったから。

 米吉も含めて松竹も若手を育てようとしているんでしょうか。

|

« 『知の格闘』 | Main | 『幕末から維新へ』シリーズ日本近世史5 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/61693504

Listed below are links to weblogs that reference 米吉の薄雪姫:

« 『知の格闘』 | Main | 『幕末から維新へ』シリーズ日本近世史5 »