« 『村 百姓たちの近世 日本近世史シリーズ2』 | Main | 『ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎』 »

March 28, 2015

北翔海莉 Billboard-LIVE

Billboardlive1

 24日、25日と北翔海莉(ほくしょう・かいり、愛称みっちゃん)Billboard-LIVEを見てきました。

 みっちゃんは現在は宝塚の専科所属だけど、5月からは星組のトップスターとなります。これが、どのぐらい凄いか宝塚にあまり詳しくない方にガンダムで説明しますと、ガンダムを開発したアムロのお父さんが、突然現役復帰してガンダムに乗ってジオンと戦うぐらいのあり得ないこと。

 普通、専科はある程度、芸を極めたけどトップにはなれなかったジェンヌさんが配属されて、歌、踊り、演技などの持ち味を活かして各組をサポートするという組織です。みっちゃんは12年に専科へ移動して各組に出演してサポート。特に歌うまっぷりは際立っていました。演技もんまいし、手足が長く踊りも悪くない。ルックスは「昭和の香がする」と言われることはあるけど、芸道に精進してきて、見事に大逆転でトップを射止めました。

 常に感謝の心を持って精進するみっちゃんトップで鍛えられる星組の新公年代は得難い経験だわな、と思います。

Billboardlive4

 ということで、みっちゃんビルボードライブ。テーブル席にはワンプレートと2ドリンクが付きます。2ドリンクでは足らないので、最初に別料金で1パイントのビールを頼み、あとはワインをちびちびやりながらみっちゃんの歌を聞くという戦略でいきました。

 24日に客席でいじられていたお客さんは台湾から来ていて、同じテーブルの方にはNZから来た方もいました。全体的に年齢層も所得も高そうな方々が多く、こうしたファンに支えられているからトップになれたんだな、改めて思います。

 25日はマチネ(4時開場の「昼の回」)。ミッドタウンの芝生に陽がさんさんと降りそそぐのを眺めながらビールとか飲んでお食事がいただけます。ソワレ(8時開場の「夜の回」)とはプレートの内容が違っているのもナイス!

 偶然とはいえ、昼夜の2公演を見られたのは嬉しい誤算でした。マチネで同じテーブルの方は「娘は『わたしこの公演が見たいの』というと取ってくれるのよぉ。今週はともみんの千秋楽見たの」とおっしゃっていて戦慄。おカネって素晴らしい、と改めて思ったw一応、おカネさえあれば夢は全てかなうんだな、とw

 出だし、おばあちゃんの階段降りを助けながら客席おりから戻るみちこに号泣。ソワレはAs Times Go BY、マチネはGeorgia on my mindと曲目も変えていましたが、料理も違っていたのはさすがにリピート客の多い宝塚の客層を意識したマネージメント。良かったです。

|

« 『村 百姓たちの近世 日本近世史シリーズ2』 | Main | 『ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎』 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/61349134

Listed below are links to weblogs that reference 北翔海莉 Billboard-LIVE:

« 『村 百姓たちの近世 日本近世史シリーズ2』 | Main | 『ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎』 »