« 花組『エリザベート』宝塚大劇場公演 | Main | 『鰯売恋曳網』 »

October 05, 2014

『カオスノート

Chaos_note

『カオスノート』吾妻ひでお、イースト・プレス

 読んでいてムリがあるというか、展開がつらくなるナンセンス・ギャグというか、作者がネタで悩んでいるのが感じられる不条理ギャグなどではなく、まるで俳句のように、淡々と日々わきあがる妄想を五七五でまとめるように「対象化」しています。

 思い出したのは「咳をしても一人」の尾崎放哉。

 放哉の自由律俳句が孤独の中で歌った絶唱ならば、吾妻さんの日記風マンガは家族に守られながらもどうしようもなく感じる孤独を突き放して描いています。

Chaos1

 崖を登る、漂流などの連想が続いてシリーズとなるのも自由。再び始まるのも自由。そのリズムの中に孤独が広がっていきます。

|

« 花組『エリザベート』宝塚大劇場公演 | Main | 『鰯売恋曳網』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/60426577

Listed below are links to weblogs that reference 『カオスノート:

« 花組『エリザベート』宝塚大劇場公演 | Main | 『鰯売恋曳網』 »