« ゴーゴーカレーのマンハッタンカレー | Main | 『日本の立ち位置を考える』 »

December 03, 2013

丸の内タニタ食堂の日替わり定食

Tanita1

「丸の内タニタ食堂」 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルヂング B1F

 午前中、ちょっと時間があったので、いつもは檄混みで入れない「丸の内タニタ食堂」に行ってみました。

 丸の内というか、日比谷線から地下を通ってつながっている帝劇の入口から入った方が楽かも。

 11時30前はさすがに並んでいませんでしたが、それでも店内はほぼ満席という人気っぷり。

 最初に券売機で「日替わり定食」「週替わり定食」を選ぶシステム。

 この券売機では210万円もするマルチ周波数体組成計から2万4800円のインナースキャン、食べる時間を計ってゆっくり噛むことを意識するためのタイマー2100円やレシピ本なども売っています。

 肝心の日替わり定食は「かぼちゃと豚肉のオイスターソース炒め」、週替わり定食は「チキンのカネボナーラソース」。

 カロリーは豚肉が531kcal、チキンが528kcal。熟慮の結果、豚肉に。

 まず席を確保してと案内の人に言われるから、カバンで席をとって、まずご飯をよそってトレイに。

Tanita2

 基本「社員食堂」なので、セルフサービス。

 移動して温野菜など2皿を取ると、お味噌汁とメインが出されるて、それを受けとる、という感じ。

 味は…びっくりするほど美味しくはないけど、並みの社員食堂とは違う感じという評価でしょうか。

 塩分も3gしか使っていないそうですが、テーブルに塩、醤油、胡椒などはまったく置いていません。

 「最近、飲み過ぎ食べ過ぎかな…」という時は、チャウダースなどのスープでお昼をすませることが多かったんですが、同じような感じでこっちを使ってもいいかな…。

 まあ、時々、そうした目的で行ってもいいなか、という感じ。

 にしても体重計などをつくっているメーカーがダイエット本で当てて食堂までつくってしまうっていうんですから、すごい展開ですよねぇ…。

|

« ゴーゴーカレーのマンハッタンカレー | Main | 『日本の立ち位置を考える』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/58690689

Listed below are links to weblogs that reference 丸の内タニタ食堂の日替わり定食:

« ゴーゴーカレーのマンハッタンカレー | Main | 『日本の立ち位置を考える』 »