« 『日本史の謎は地形で解ける』竹村公太郎、PHP文庫 | Main | HDR-MV1を導入 »

November 25, 2013

PENTAX K-3と三週間

Pentax_k3_last

 リコーイメージングのモニターで「PENTAX K-3」を借りていたんですが、三週間の期間をフルに使わせてもらい、お返ししました。

 最後は通っているお店の30周年パーティーでも活躍してもらいました。

 まあ、こうした場では、昔から「写真班」を仰せつかっていまして、当日も三脚その他を担ぎ、K-3のほか、動画、静止画あわせて4台を持ち込みました。

 もちろんスチルの主役はK-3。

 室内の夜のパーティだったのでISOは6400に設定。1/125ぐらいでシャッターを切れるようにしました。

 カードスロット1はRAW、2はJPEGといういつものセッティング。

 個人的にはISO6400というのは怖い数字なんで、もしJPEGが失敗しても、その時はRAWからキチンと現像しよう、という魂胆でした。

 しかし、心配は杞憂に終わり、サクサクとPhotoshopで作業を終えることができました。

 本来、こうした使い方はやってはいけないんでしょうが、ひとり写真班としてはヤマ場では右手にK-3、左手にビデオという状態で撮影しなければならない時もあります。

 そんな時、グリップが深めになったK-3は指先までしっかりとホールドできますし、手ぶれ防止もあって、許容範囲以上の写真を撮ることができました。

 コンパクトで信頼ができるカメラというのは、こんな使い方をしても期待に応えてくれるのかな、と。

 こうしたモニターもできるというので、『リコーイメージング(ブロガー限定)アンバサダー』登録用フォームにご応募なさってみてはいかがでしょうか。

|

« 『日本史の謎は地形で解ける』竹村公太郎、PHP文庫 | Main | HDR-MV1を導入 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/58639172

Listed below are links to weblogs that reference PENTAX K-3と三週間:

« 『日本史の謎は地形で解ける』竹村公太郎、PHP文庫 | Main | HDR-MV1を導入 »