« 『持たざる国への道 あの戦争と大日本帝国の破綻』 | Main | ソニーミラーレス一眼用交換レンズ20mmF2.8 »

September 15, 2013

文楽公演『伊賀越道中双六』

1309igagoehonchiraomote

 三宅坂の国立劇場でやっている文楽公演『伊賀越道中双六』。

 今回は近松半二作の通し狂言ということですが、上演がまれな「岡崎」をやってくれるというので第2部を見物してきました。「藤川新関」から「岡崎」、「伊賀上野敵討(かたきうち)」まで。

 「岡崎」は覚悟していたんですが長い。しかし、文楽お得意の、ここまでヒネるかと思わせる展開にひたりました。

 にしても、江戸時代を通じての大ヒーロー荒木又右衛門に子殺しをさせるんですから、江戸時代の人たちにとって、子殺しというのは絶対にやりたくはないかもしれないけど、実はやってみたい夢のような仕業だったのかもしれません。

 じゃなかったら、あんなに頻繁に子殺しが取り上げられるわけないですもんね。

 ほんと、何かといったら子を殺して身の潔白を立てるというのがキマリみたいな感じで。

 にしても、捨てキャラが全くいないというのは、よく練られた本ですわな。

 最初に活躍した人間も最後のあたりになってくるとまた出てくるという、いわゆる「サンドウィッチ構成」で大団円になるという。

 にしても、ベースとなった「曾我兄弟」「赤穂浪士」と並ぶ日本三大仇討の「伊賀上野鍵屋の辻」は元はといえば、外様の殿様が寵愛した小姓をめぐる刃傷沙なんですよね。

 いやー、いろんな意味で江戸時代は進んでいたんだな、と思いながら、「したり黒星、その通りぃ」とか浄瑠璃をさらいながら歩いて帰りました。

 歌舞伎の公演でもそうなんですが、国立劇場の帰りは最高裁を通って霞ヶ関までというルートは人通りが少ないから、義太夫のマネごとするにはぴったり。

 あ、11月には歌舞伎に直したのを通し狂言でやるという好企画もあるんで、そちらも行こうと思います。

|

« 『持たざる国への道 あの戦争と大日本帝国の破綻』 | Main | ソニーミラーレス一眼用交換レンズ20mmF2.8 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/58198027

Listed below are links to weblogs that reference 文楽公演『伊賀越道中双六』:

« 『持たざる国への道 あの戦争と大日本帝国の破綻』 | Main | ソニーミラーレス一眼用交換レンズ20mmF2.8 »