« >『橋本龍太郎外交回顧録』 | Main | いずみ野の「おまかせ」 »

July 08, 2013

『まだまだ酔ってません』

Madamada_ohtake

『まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く』大竹聡、双葉文庫

 週刊大衆の連載「飲めよ歌えよ酔人伝」からチョイスしたエッセイを大幅に加筆訂正して文庫化した第2段。

 前から大竹さんには山口瞳さんに通じるものを感じていたのですが、今回、さらにその思いが深まるとともに、山口瞳さんが体を壊す寸前の時のように、飲んで飲んで飲みまくっている大竹さんの体調が心配になってきました。

 この本の中で語られているのは、午前中は二日酔いで使い物にならないけど、夕方ぐらいからどうにか調子がついてきて、あとは惰性で飲んでしまうというパターン。久しぶりの休日なので酒を抜こうと思っても、なんやかんや飲んでしまう。外で飲むから遅くなり、遅くなると睡眠時間が減るから自宅で飲もうということになると、またオツマミに凝りだしてしまって深酒にになってしまう、など酒飲みなら誰でも思い当たるフシのある日々を描いています。

 良かったのは「娘のボーイフレンドがやってきた午後の酒」でしょうか。

 娘さんの彼氏が田舎から送られてきた果物をお裾分けにやって来た時、いつものように大竹さんは、風呂に入りながら酒を抜いていたそうです。その時、玄関でのやりとりを聞いて、風呂場から「上がってもらえ」と伝え、そのまま、「いつも娘がお世話になって」とビールを注ぐ、と。

 《交際している女性の父親と初めて会うたいへんさは、私も知っている。私のときは、後に義父となる人が、率先して大いに飲み、場を和らげ、私の居場所をつくってくれた。

  そういうことを、今、逆の立場でオレは経験しているんだと思うと余計にメンタル面が崩壊しそうなほど緊張するのだけれど、上がってもらえと偉そうに言った手前、あとに引けない、飲むしかない》

 というあたりは、いいな、と思って読んでいました。

|

« >『橋本龍太郎外交回顧録』 | Main | いずみ野の「おまかせ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/57750526

Listed below are links to weblogs that reference 『まだまだ酔ってません』:

« >『橋本龍太郎外交回顧録』 | Main | いずみ野の「おまかせ」 »