« 『私の「本の世界」』中井久夫、筑摩文庫 | Main | 『「昭和」を送る』 »

July 16, 2013

海老蔵、菊之助、染五郎の時代に

Kichou1307_2

 七月の歌舞伎座新開場柿葺落興業は「東海道四谷怪談」を見物しました。

 今月は幹部俳優たちがお休みとなり、若手中心の花形歌舞伎。

 中でも三役を鮮やかに演じ分けた菊之助の素晴らしさには目を見張りました。

 同じく初役となった染五郎の伊右衛門も思ったよりも随分と良かった。

 先月、一足先に市川宗家の嫡男ということで葺落の舞台を踏んだ海老蔵とともに、この三人が第五期歌舞伎座の屋台骨を支えていくんだろうとな、と確信を持ちました。

 四谷怪談は化政時代に四世鶴屋南北が書き、三代目菊五郎が初演して三役を演じたというけれど、今回は久々の音羽屋(菊之助)の三役。

 毒と知らずに薬を飲む長い場面も、手の美しさとともに、1人で満員の観客の瞳を釘付けにした演技でした。

 そしてそして「髪梳き」。

 人間は古代から髪にその人の霊力を感じてきたわけですが、それを整えようとすればするほど落ちてしまうという設定に鶴屋南北の脚本の凄さを感じます。

 食事は今回も吉兆でいただきました。

 「海老蔵、菊之助、染五郎は第四期歌舞伎座が開業した時の、歌右衛門(六代目)、幸四郎(八代目)、團十郎(十一代目)のような大看板になってくれそうだな」と思いつつ、二部興業となって、少しは余裕の出てきた幕間を過ごすことができました。

|

« 『私の「本の世界」』中井久夫、筑摩文庫 | Main | 『「昭和」を送る』 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/57803237

Listed below are links to weblogs that reference 海老蔵、菊之助、染五郎の時代に:

« 『私の「本の世界」』中井久夫、筑摩文庫 | Main | 『「昭和」を送る』 »