« 『近代秀歌』 | Main | 『外交証言録 湾岸戦争・普天間問題・イラク戦争』 »

May 24, 2013

RICOH GRを導入

Gr1

 好きなカメラは初日に買って使えるのが日本に生まれた役得のひとつだと思いますので、今日もファーストインプレッションを。

 考えてみれば、RICOHの28mmレンズは随分使ってきました。

 設計を参考にしたといわれるNikkor 28/f3.5からすると、もう何代、このスカッと気持ちのいいレンズで写真を撮ってきたのか、と思います。

 実は28mmという画角は苦手で、24mmか35mmが好きなんですが、スカッと撮れるのはNikkor 28/f3.5とその系譜のGRレンズかな、と感じています。

 驚くべきドライさといいますか、湿気の感じられない画面が得られます。

 ということでGXRの背景がボケればいいってもんじゃないような画面ではなく、それなりに、スカッとした絵を得られるかな、と。

 操作系は銀塩GRから同じ。デジタルはGR-D2以来ですが、ソフィスティケイトされた感しかありません。

Gr2

 ただ、ちょっと軽いね。ボタンのクリック感も含めて10万円近い高級機という感じはしません。

 あと、現在の常用機種RX-100と比べるとデカイな、と感じたのですが、初代GR-Dの予約特典でもらった本革ケースにはまったく入らず、よく見たら、二回りぐらいデカイのには驚きました。

 まあ、しゃあないと思いましたが、専用ケース買わないとな、と。

 デジカメなんか消耗品かもしれませんが、カメラをぞんざいに扱って傷つけることは、年代的にできないんで…。

 写真はいわゆる「jpeg撮って出し」です。

 一枚目と二枚目はビルのガラス越し。

 三枚目はマクロっぽく。

 ちょっと酔っているかもしれませんがw

Gr3

 まあ、スカッとした感じが伝われば。

 明日は、友人の娘さんの結婚式で、一眼のサブカメラとして活躍する予定です。

|

« 『近代秀歌』 | Main | 『外交証言録 湾岸戦争・普天間問題・イラク戦争』 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/57451387

Listed below are links to weblogs that reference RICOH GRを導入:

« 『近代秀歌』 | Main | 『外交証言録 湾岸戦争・普天間問題・イラク戦争』 »