« 『愛しの昭和の計算道具』 | Main | 『脳の情報を読み解く』 »

April 22, 2013

朧月の特製つけ麺

Oborozuki

銀座朧月 中央区銀座6-3-5

 銀座にちょうどいい時間帯にいましたんで、念願の「朧月」を訪問しました。

 カウンター7席と店内が狭く、いっぺんに入れる人数が少ないため、いつも外には行列が並んでいましたが、今回はファーストロットで入ることができました。

 頼んだのは「特製つけ麺」の並。

 スープは濃厚魚介豚骨で魚粉多めというイマドキの味。

 慣れてしまったとも言えますが、その中でも美味しい。

 メンマ、チャーシュー、タマネギ、刻みネギ、ナルトがつけだれに入っています。

 ストレートとはいえ、太いので麺にからまるため最後はスープが少ししか残りませんでした。で、スープ割にはしないで、そのままいただきました。

 とにかく麺が見事でした。小麦の香りも感じることができ、なによりも見た目が美しかった。

 また行きたいです!
 
 なお、麺は並240gが950円、中360gが1000円、大480gも1000円。

|

« 『愛しの昭和の計算道具』 | Main | 『脳の情報を読み解く』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『愛しの昭和の計算道具』 | Main | 『脳の情報を読み解く』 »