« 「鮨 よし田」の昼のおまかせ | Main | 『兵士は起つ』 »

March 28, 2013

歌舞伎座開場式

Kabukiza_kaijo2

 今日は歌舞伎座の開場式に参加してきました。

 歌舞伎座は立てられた時から株式会社だったんですが、今日は株主として招待されました。

 平日の11時から12時ちょっと過ぎまで。座元(歌舞伎座の大谷社長)による一番太鼓バチ渡しの儀、寿式三番叟、役者勢揃いによる挨拶と手締めというプログラム。

 席は2階の2列目の真ん中あたり。第一印象は「席が随分、広くなったな」というものでした。

 180cm近くあるもんですから、4代目歌舞伎座では、長い狂言の時なんか、腰が痛くなることがしばしばでした。

 それが、ゆったり観劇できるようになった感じ。

 一番太鼓の音もズンと響きましたね。

 音響、素晴らしい。

Kabukiza_kaijo3

 寿式三番叟は千歳が片岡秀太郎丈、翁が片岡我當丈、三番叟が市川左團次丈という松嶋屋さん兄弟に高島屋というトリオ。

 元は能楽の「翁」で、見物しながらも翁と同じように国土安穏、天下泰平を祈ってしまいました。

 この後、新しい4枚の緞帳が披露され、休憩となった後は、中央に座元、それを取り囲むように何十人という役者が勢揃いしての「新開場ご挨拶」

 前列は座元の下手から幸四郎さん、仁左衛門さん、玉さまの並び。上手は藤十郎さん、菊五郎さん、吉右衛門さんの並びでした。

 二列目は真ん中あたりの下手から中車、らぶりん、菊之助、松緑、孝太郎、錦之助…染五郎、猿之助、海老蔵、獅童、勘九郎、七之助なんて感じでしたね。

 最後は菊五郎さんの音頭で手締めだったんですが、團十郎、勘三郎さんや富十郎、雀右衛門、七代目芝翫さんなんかも、役者勢揃いの列に座って、手締めをしていたような気がします。

|

« 「鮨 よし田」の昼のおまかせ | Main | 『兵士は起つ』 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/57050036

Listed below are links to weblogs that reference 歌舞伎座開場式:

« 「鮨 よし田」の昼のおまかせ | Main | 『兵士は起つ』 »