« 『動的平衡2』 | Main | 『落語の国の精神分析』 »

November 21, 2012

Kindle Paperwhiteを導入

Kindle_paperwhite_and_3

 まあ、買いました。

 これまでも3は持っていましたが、まあ、日本語書籍も普通に買えるようになるわけだし、あの使いにくいキーボードから解放されるということですし、8000円ぐらいというので発表後、即、予約しました。

 kindle3でも、日本語表示は可能で、それを見て10年9月に買ったんですが、当時はまだ2万円ぐらいしていましたかね。安くなったもんです。

 とにかくタッチパネルになって、ソフトキーボードで入力できるのは便利。

 ただし、読み終わった後の動作とかは、シェアするというのが前面に出すぎて、なかなか終了できないなど、直感的な操作感は、いまひとつかな。

 この安さですから、機械に関してはあまり文句は言えませんが。

 問題はストアでしょうか。ハッキリ言って、読みたい本が少なさすぎる感じ。

 まあ、これは徐々に充実していくんでしょうけど、売れ筋商品ばかり並べているという感じですかね。これは版元の努力の問題かもしれませんが、もう少し専門書などを入れて欲しいですね。

 最初は読みたいモンがないかったんで、三遊亭圓朝の『落語の濫觴』を購入。ルビの美しさに驚きます。

 3との比較の写真を載せておきますが、まったく別モノの美しさですよね。

 でも、これは無料ということで、なんか気分が乗らず、談志師匠の命日ということもあり立川志らく『落語進化論』を購入しました。

 1155円がkindle版だと24%安の880円。

 ということで、いまは圓朝と志らくの本が並んでいます。

 ちょっと気になるのは下部の照明ムラ。

 活字を読む分には差し障りはないんですが、まあ、日本のメーカーだと出せないレベルでしょうね。

 これがグローバル化ということなのかもしれませんが…。

 あ、カバーも液晶保護フィルムも使っていません。

 裸でもって、適当なケースに入れてカバンの中に放り込んでおく、というのがベストの運用だと思っています。

|

« 『動的平衡2』 | Main | 『落語の国の精神分析』 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/56160386

Listed below are links to weblogs that reference Kindle Paperwhiteを導入:

« 『動的平衡2』 | Main | 『落語の国の精神分析』 »