« 『幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方』 | Main | やよいのお茶漬け膳 »

October 25, 2012

夷川燕楽の名残ハモ

Enraku_hamo

夷川燕楽(えびすがわ・えらんらく) 京都市中京区夷川通麩屋町西入ル北側 075-254-8488

 京都に滞在している時には、いつもワイシャツは少なめに持っていって、モリカゲシャツで1日1枚買って、京都御所沿いにブラブラと丸太町の方向に歩くことが多いのですが、なるべく違う筋を歩くことにしています。

 烏丸~寺町通間は縦だけでなく、横の道も竹屋町通、夷川通、二条通と風情が違う感じがします。

 なんで骨董や家具屋さんがこんなにつらなっているのかな、なんて考えながら歩いているんですが、料理屋さんもハフウさんとか、けっこう有名なお店があります。

 ということですが、ひとりで静かに食事をしたいという時には、小料理屋さんみたいなところがいいですよね。

 お鮨やさんですと、大将の相手もしなくちゃいけないし。

Enraku_saba

 ということで、規模はけっこう大きいんですが、夷川燕楽は気に入ってます。

  最初はオデンをもらって、それをお通し代わりにして飲みながら、この日は名残ハモがいいというので、炙りか落しのどちらにしようかな、と悩んでいたら「両方やりますよ」と明るく対応してくれました。

 高いお酒は置いてないけど、しっかりしたいいお酒を取りそろえていますし、本当にコストパフォーマンスが高いお店です。

 日本酒に舌が疲れてきた時に頼んだへしこ鯖なんかも美味しかった。

 前はブラッと入れたかもしれませんが、今は要予約。

 でも、その価値あります。

|

« 『幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方』 | Main | やよいのお茶漬け膳 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/55969239

Listed below are links to weblogs that reference 夷川燕楽の名残ハモ :

« 『幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方』 | Main | やよいのお茶漬け膳 »