« 『青い空、白い雲、しゅーっという落語』 | Main | 『社会を変えるには』 »

August 15, 2012

『原発危機 官邸からの証言』

Genpatsu_kantei

『原発危機 官邸からの証言』福山哲郎、筑摩書房

 事故調がいずれも、福島第一から東電が撤退しようとしたと断定していないのは、いくら公平を期するとはいえ不思議だな、と思っていました。漏れ聞いていた全ての企業を下請けとして扱うような横柄な態度、事なかれ主義が横行しているとしか思えない事故後の対応、当初はまともに記者の質問に答えることもできなかった広報体制などを含めて、企業としての体をなしていなかったとしか思えません。

 だから、もし東電の言うように全面撤退ではなかったにせよ(そうとはとても思えませんが)、仮に部分撤退となっても、ハッと気付いた時には、注水するためのディーゼル発電機が目を離している間に燃料切れを起こした時ように、ハッと気付いたら我も我もと撤退してしまい「そして誰もいなくなった」状態になって、全機アウトになっていた可能性の方が高いと思います。

 この本は事故当時の官房副長官だった福山哲郎氏が「あまりにも事実と異なる批判が多く、震災直後の対応を記録として残したい」として4冊の"福山ノート"を元に書いたとしていますが、冒頭の清水元社長が菅総理に「連日、ご苦労様です。結論から申し上げます。撤退などありませんから」と伝えると、「はい、わかりました」と頭を下げるシーンは他の官邸メンバーにも記憶されてるいるということで、薮の中の側面もあるでしょうが、こちらの蓋然性の方が高いと感じます。

 報告書では、菅総理が東電本社を訪れて活を入れた時に「撤退を考えていなかったので違和感を感じた」という証言が取り上げられていましたが、オペレーションルームにいる全員が知らされていたわけではないでしょうし。菅総理はネガティブなイメージで描かれることが多く、イラ菅に怒鳴られて官僚がヤル気を失ったみたいなこともいわれましたが、「そんな理由で職務を果たさなかった官僚がいるとは私には思えない」というのが相場だと思います(p.10)。

 東電で情けなかったのが事故当初「全電源を喪失したから、とにかく電源車を送ってくれ」と官邸に矢の催促をして、自衛隊まで動員して送ってやったにもかかわらず、電源盤が使用できない、ケーブルの長さが足りないということで、全く役に立たなかったこと。《電気屋で電気がつなげないなら、いったいこの国では誰が電気をつなげるというのか》と怒りと悔しさと脱力感に襲われたという福山さんの気持ちはわかります(p.37)。

 東電とともに《この非常時において、自ら事に当たろうという姿勢は見られなかったと》と無能の烙印を押されてるのが保安院(p.34)。文系の寺坂院長はまったく役に立たず、平岡次長に官邸での対応を交代してしまったそうです(p.63)。おまけに水素爆発の時に、なんの情報もないのに会見を開こうとして、それを止められると官邸のせいにして不信感をあおるというのですから、お取りつぶしになったのは当然かな、と(p.81)。

 それと東電から派遣された武黒フェローもベントの遅れについて要領を得ないことばかり言って、直接、現地の吉田所長と話しをさせろと要求すると、実は衛星電話の番号も知らずに、東電本店との伝言ゲームになっていたことを知ったというのにも驚きました。菅総理のヘリコプターでの訪問も東電側から吉田所長は知らされていないなど、東電内での意思の疎通もおぼつかない状況だったといいますから(p.70)、ぼくが菅さんの立場だったとしても、一度は怒鳴り込んだと思います。

 しかも、東電から官邸に派遣された武黒フェローが3号機に海水を使うのを躊躇している、というのを吉田所長が「官邸が躊躇している」と勘違いしたとか、いくら混乱状態にあったとはいえ、東電内の意思疎通のなさは唖然とさせられます(p.94)。

 海水注入で再臨界はないのかと質問を受けた斑目委員長が「可能性はゼロではない」と答えたというのは有名な話しですが、このことについても「原子力安全委員会の委員長に"ゼロではない"と言われたら、素人の私たちには"あるかもしれない"と思いますよ」と不満をぶつけており、こうした禅問答みたいな情報をあてにして、現在進行形で意思決定をしていたというのは、恐ろしい限りです(p.85)。

 こうした混乱した状況の中で撤退を匂わせてきた東電に対して

 「1号機から4号機まですべて放棄すれば、大量の放射性物質によって東日本全体がだめになる。60歳以上の人間はみんな決死隊で行けばいい。寺田君や細野君は若いし、まだ先があるからだめだが、私はもう子どもをつくる必要はないから、陣頭指揮を執ろう思えば執れる。このまま放っておけば外国が日本に来て原発を処理する。そうしたら日本は占領されるぞ。何としても撤退などあり得ない」

 と言って東電に乗り込んだ管首相の言葉は、この本の白眉だと思います(p.108)。

 そして、そうした言葉に東電の人間が打ちのめされたというのなら、それは福山さんの言うとおり、それは東電の人間の幼稚なメンタリティーだと思います(p.120)。

 ここまでの「官邸の5日間」が、この本の全て。日米協議や避難などを扱った2章はまだしも、三章の提言は不要でしたね。まあ、そうなると新書の量にはなりませんが。

|

« 『青い空、白い雲、しゅーっという落語』 | Main | 『社会を変えるには』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/55428969

Listed below are links to weblogs that reference 『原発危機 官邸からの証言』:

« 『青い空、白い雲、しゅーっという落語』 | Main | 『社会を変えるには』 »