« 『財政学から見た日本経済』 | Main |  『高校野球「裏」ビジネス』 »

May 27, 2012

『首相公選を考える』

Prime_minister_election

『首相公選を考える』佐々木毅、大石眞、久保文明、山口二郎、中公新書

 佐々木毅先生の本を読んでいるので、共著ながら、これも。

 首相公選には憲法改正が必要だから、現実的な政治課題とは言えないのですが、自民党総裁選で小泉純一郎首相が勝利した後、にわかに、公選の論議が高まり、首相自らが懇談会を設け、検討した内容をまとめたものです。

 途中で、小泉首相も興味を失ったみたいですが、とにかく最後まで思考実験をまとめてみました、みたいな。

 佐々木先生担当の「首相公選制論と現代日本の政治」を要約してみると、副大臣や政務官の設置や国会における政府委員の廃止などは行われたが、政治のリーダーシップは進まなかった、と。

 かえって、政権政党の内閣が統治の任にあたるという基本構造の中に、官僚制が深く交叉していることが浮き彫りになり、無党派層の増加という形で脱政党化が進んだ、と。

 同時に全国の知事たちが政治のスターになりはじめ、地方でできている仕組みを中央で、という論議が高まった、と。

 日本やイタリアはまがりなりにも90年代に政権交代は行われたが、選挙制度上それができなかったイスラエルでは、それを克服する手段として首相公選制が導入された、と(しかし、政党乱立の状況が悪化したため、96、99、01の3回だけで廃止)。

 日本の議会政治には、首相としての不適格者の排除など柔軟性が組み込まれてはいるが、逆に柔軟になりすぎて、入れ替えのための入れ替えが行われすぎた、と。

 具体案として示された2つの案についての論評については省略しますが、最後の、この言葉だけは、今でも有効だな、と思います。

 自己満足型の無邪気な政治の時代が終わることは、冷戦の終焉以後の大きな時代の趨勢や日本の政治の抱える課題の変化と結びついている。それは政治の自己統治能力を内部的に減殺することによってほとんど何もできないようにしておけば全て安心であるという、政治についての見方からの転換を求めるものである。政治的無関心が政治の人畜無害化と結びついていたとすれば、このセットも終わる時期が来たということである。この報告書は全体としてこうした時代の流れを背景にしている。

|

« 『財政学から見た日本経済』 | Main |  『高校野球「裏」ビジネス』 »

Comments

世界中でそれなりに政治の不満はあるんでしょうね。

Posted by: 恋愛を科学する★吉田けい | May 29, 2012 at 07:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/54810678

Listed below are links to weblogs that reference 『首相公選を考える』:

« 『財政学から見た日本経済』 | Main |  『高校野球「裏」ビジネス』 »