« 赤坂樓外樓の上海蟹は今年、蒸しが良かった | Main | 『おひとりさまの老後』 »

December 10, 2011

『僕は自分が見たことしか信じない』

Uchi_book

『僕は自分が見たことしか信じない』内田篤人、幻冬舎

 えー、久々にサッカー本を読みましたw

 サッカー関連書籍に好セールスが続いているせいか、久々に、この手の本でしっかりと「つくりこまれた」印象を受けます。

 「自分の考えを人に知られるのも、好きではありません」「サッカー選手なので、人にいろいろなことを聞かれますが、そのときによって言うことが変わる場合もあるい、何より自分の心の底までオープンにする必要はない、と少し思っています」というまえがきも好感が持てます。

 鹿島を選んだ理由がすごい。「もし、ここで試合に出られなかったとしても、次があると思ったのも本心。常に優勝を求められるクラブではなくて、上位進出やJ1残留を目標としてるクラブへ移籍して、やり直す道が残されている。日本でその特権を持つクラブは、鹿島くらいだと思う」と、よく率直にここまで書けたな、という感じ。と、同時に、何回も書いているのが、「ぼくは逃げ道を用意する」という言葉。逃げ道を用意しておいて、どうして悪い、というのは、いい居直りだと思います。

 それにしても、日韓ワールドカップの時に中学生で、ベッカムに憧れていたのか…日本代表の右サイドに定着した感のある選手だけど、本当に若いんだな、と改めて思いますね。そして、サッカーに関しては「勝つチームには"勝ち癖"がついている」って言うんですね。試合には苦しい時間、我慢しなければいけない時間があって、その我慢をやり通す成功体験があるかないか。だから、勝ち続けて、優勝することでしか得られない、と。

 こうしたやや硬い部分とともに、女性ファン向けのサービスショットもあるし、さらには子供たちに向けても、勉強やサッカーについての考え方も教えてくれる。

 バイエルン戦でリベリーを押さえて自信をつけた話や、10/11のCLベスト8、ベスト4での経験なども「伝わってくる」感じがしました。 ルーニーに勝つにはどうするか「いろいろ考えたけれど、ひとつしか思いつかない。それは自分がビッグクラブと言われるチームに入っちゃうこと」というあたりが実現すれば(南アで彼は1分も出られなかったけど)、次のブラジル大会でも日本代表はベスト16以上が期待できるんじゃないですかね。

 とにかく、いいセールスを期待できると思いました。

|

« 赤坂樓外樓の上海蟹は今年、蒸しが良かった | Main | 『おひとりさまの老後』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/53450586

Listed below are links to weblogs that reference 『僕は自分が見たことしか信じない』:

» 自分は虚像 [哲学はなぜ間違うのか?]
画家は、国王の光栄ある要請を受けて仕事をしている自分を自分の目で見ています。この [Read More]

Tracked on December 31, 2011 at 11:34 PM

« 赤坂樓外樓の上海蟹は今年、蒸しが良かった | Main | 『おひとりさまの老後』 »