« 『辺境中毒』 | Main | 友福丸の海鮮丼 »

November 07, 2011

NEX-5Nを導入

Nex5n

 ミラーレス一眼では最もバランスがいいと思っていたNEX-5の改良バージョンですが、最初は同じEマウントを使うシリーズではフラッグシップのNEX-7を購入しようと待っていました。

 しかし、タイの洪水によって発売が延期。いろんな方に聞いてみると、どうも来年になりそうということで、NEXシリーズの2台目としてNEX-5Nを購入しました。

 もちろんNEX-5Nもタイで生産されているため、徐々に"弾"は少なくってきているみたいです。NEX-5もそうですが、デジカメは発売当初はドーンと高値がつきますが、素早く下がり始めます。先週、ドーンと下がったので、「頃合いかな」と思ってゲットしたという感じです。

 銀塩時代から同じマウントのカメラを2台持つというのは「ちゃんと撮ろう」とした場合、かなり重要です。一台は広角、2台目は望遠系ズームみたいに持てば素早く被写体に迫れますし、デジカメの場合、電池や充電器が2台となれば、使い回しもぐっと楽になります。

 5Nとなって少し変わったかな、と思うのは連写機能。秒間10枚の高速連写は十分すぎるスペックでしょう(AF追従はできませんが)。シャキーン、シャキーンと切れるシャッターは気持ちいいです。

 大きく変わったと思ったのはAFの合焦速度。マクロでもスパッと合います。

 この手のカメラは軽さが一番だと思うので、ファインダーを付けた分、重く大きくなったNEX-7よりも、実働率はNEX-5Nの方が高いかな…とは思ってましたし、APS-Cというイメージセンサの大きさは同じで画素数を上げた7よりも、暗部には強いと思います。

 単焦点の16mm、30mmを付ければビックリするような高画質を得られます。次の50mmが出れば、35mmフィルム換算で24mm広角、45mmマクロ、75mmポートレイト中望遠という黄金トリオが完成します。なかなか価値ある「システム」が完成するんじゃないかな、と思っています。

|

« 『辺境中毒』 | Main | 友福丸の海鮮丼 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/53186786

Listed below are links to weblogs that reference NEX-5Nを導入:

« 『辺境中毒』 | Main | 友福丸の海鮮丼 »