« 『漢詩を読む1』 | Main | 『二十世紀の10大ピアニスト』 »

August 14, 2011

「手打そば 幸七」

Koushichi1

「手打そば 幸七」 千葉県夷隈郡御宿上布施1885-1 0470-68-5220

 なんか恒例になりつつある夏休みの蕎麦屋めぐりですが、今回は御宿の「幸七」におジャマしました。

 場所は御宿。

 ちょっと畠から降りていけばクルマなら10分ぐらいでサーフィンのメッカみたいなところに出られます。

 開店直後の平日の11時半にうかがいいましたが、30分ぐらいで満席、空き待ちの状態に。

 人気ですねぇ。

Koushichi2

 なんでも、店の裏の畠でとれた蕎麦粉を使っているそうで、その名も布施蕎麦。

 とはいうものの、おつまみを全品制覇するところから進めます。

 良かったのがゆば。

 蕎麦もいいってことは水もいいんでしょうかね。

 大豆をたっぷりつかった、しっかりしたゆばでした。

 当然おかわり。

 そばコロッケも一個150円だったので三つもらいましたが、ソースをかけていただくと、アクセントになりますね。

Koushichi3

 ピリ辛の蕎麦味噌もんまかったです。

 これで日本酒は何合もいけちゃいそう。

 作り方をおしえてもらいたくなるような味だし、添え物のようになっているキュウリもみずみずしい!

 酒は地酒の「岩の井」だけ。

 この銘柄しかおいてないというとろこが潔くって店の姿勢を表していると思います。

 「んまい酒は置きますが、あくまで蕎麦で勝負していますんで」みたいな。

 味は淡麗。

 常温のみ。

 蕎麦が大切、ということなんでしょうが、おつまみもいいせいか、どんどんいけちゃいます。

 ガンガン飲んで注文していたら、最後は一合半ぐらい入る徳利に変えてくれました。

 嬉しいですねぇ。

Koushichi4

 蕎麦は茄子の冷やしぶっかけみたいなのも含めていろんな種類をいただきましたが、やっぱり季節的には辛みが美味しかったかな。

 布施蕎麦は、この地区を布施と言いますが地元で採れた蕎麦粉だそうです。

 汁も濃いめだけど、あまり辛くないかな。

 藪系で育ったんで、個人的にはもう少し出汁を効かせてもらっても大丈夫なんでしょうが、蕎麦の香りを楽しむのには、これぐらいなんでしょうか。

 建物も含めて味わいがあります。

 名店。

Koushichi5


|

« 『漢詩を読む1』 | Main | 『二十世紀の10大ピアニスト』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/52470858

Listed below are links to weblogs that reference 「手打そば 幸七」 :

« 『漢詩を読む1』 | Main | 『二十世紀の10大ピアニスト』 »