« 『中国は、いま』 | Main | 樓外樓飯店の酔っ払いエビ »

July 29, 2011

分とく山の「鮎の炊き込みご飯」

Waketokuyama_ayu

分とく山(広尾 本店) 港区南麻布5-1-5 5789-3838

 7月の食材のテーマは鱧、鮎、アワビという感じでしょうか。

 ミシュラン2つ☆ですが、男性しかいないホール、最後の仕上げをテーブル前で行うという独特の流れ作業スタイルなどに様々な評価のあるお店です。

 先付け、お椀、刺身など、どんどん出てきます。

 この手の料理屋さんとしては、かなりお腹がいっぱいになる方なんじゃないですかね。

 最後の食事は鮎の土鍋の炊き込みご飯。

 とても食べられないので包んでもらいました。

 で、翌朝、レンジで暖めて、お醤油を「のの字」にかけていただら、美味しかったですw

|

« 『中国は、いま』 | Main | 樓外樓飯店の酔っ払いエビ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/52337868

Listed below are links to weblogs that reference 分とく山の「鮎の炊き込みご飯」:

« 『中国は、いま』 | Main | 樓外樓飯店の酔っ払いエビ »