« 『初期マルクスを読む』 | Main | 渡邊の「ふきのとう味噌」 »

April 26, 2011

「ほりうち」のチャーざる

Horiuchicharzaru

「らぁめん ほりうち」 新宿区西新宿1-4-7 高野ビル1F 3348-5530

 なんちゅうことはないかもしれないけど、しみじみ懐かしく、んまい。

 そんなのを集中的に食べたくなるような時期ってあると思います。

 ということで、新宿あたりを歩いていて、そんな気分になったら出かけるのは「らぁめん ほりうち」。

 けっして、今のトレンドを追いかけているわけではなく、地味に改良を加えて昔の味を保っている店。

 人間の舌は肥えていきますから、ずっと同じ味では、だんだん満足しなくなっていくと思いますので、地味に改良していくというのは重要なポイントだと思います。

 それを感じられるのがチャーシュー。

 昔(満来)はもっと、においがありましたが、今はそんなことありません。

 そんなチャーシューの薄切りがザクザク入っているのが、チャーシューざる。通称チャーざる。

 チャーシューを何枚かやっつけてからではないと、麺をスープにからませられないほどの量が、肉好きには嬉しい限り。

 麺はしっかり水切りされているので、量が多くても、スープが薄まることもありません。

|

« 『初期マルクスを読む』 | Main | 渡邊の「ふきのとう味噌」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/51499746

Listed below are links to weblogs that reference 「ほりうち」のチャーざる:

« 『初期マルクスを読む』 | Main | 渡邊の「ふきのとう味噌」 »