« 週刊東洋経済「迷走する巨大企業の正体 東京電力」 | Main | 『災害がほんとうに襲ったとき』 »

April 20, 2011

「酸辣家」の皮蛋(ピータン)

Suraya_pitan

「新橋 酸辣家」港区新橋2-11-1 寿ビル1F 3591-4227

 中華料理店で皮蛋(ピータン)を褒めるというのは、ちょっと、どうかな…とも思うのでありますが、赤坂・楼外楼でも、必ず前菜としていただいていたので、その姉妹店である「新橋 酸辣家」でも、初めて夜の部にオジャマした時も、オーダーしてしまいました。

 赤坂・楼外楼の皮蛋は中がとろっと柔らかい台湾の松花皮蛋だと思います。

 大学1年生の時に連れていってもらってから、ずっと、赤坂・楼外楼には通っていましたんで、近く新店がオープンするまでは、ここの皮蛋(ピータン)をいただいていこうかな、と。

 美味しいもは、ほんと、いろいろありますが、その要素として「懐かしさ」というのも重要だと思うんですよ。

 「あー、この味」ってやつですかね。

Suraya_hiball

 人の舌というのは肥えていきます。昔美味しかったものが「あれ?」となる場合もありますから、この皮蛋みたいにいつまでも美味しいというのは、貴重だと思います。

 楼外楼とは違って、カジュアルな店ですから、甕出し紹興酒じゃなくて、こんなハイボールをお供にいただけるのも嬉しい(しかもトリス!さらに写真のようなお通し付き!)。

 こうした小皿が480円か520円っていうんですから、自信をもってお勧めしますよ!

 ぜひ!

|

« 週刊東洋経済「迷走する巨大企業の正体 東京電力」 | Main | 『災害がほんとうに襲ったとき』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/51443200

Listed below are links to weblogs that reference 「酸辣家」の皮蛋(ピータン):

« 週刊東洋経済「迷走する巨大企業の正体 東京電力」 | Main | 『災害がほんとうに襲ったとき』 »