« 『記録と考証 日中国交正常化・日中平和友好条約締結交渉』 | Main | 新宿・パンドラのステーキランチ »

March 08, 2011

FinePix X100を導入

Finepix_x100with_etsumi_iner_food

 少し悩みましたが、久々に富士フイルムのカメラを買いました。

 レンズ交換はできないけれど、まるでLeica M型のような外観は、引きつけられます。

 カメラは、こうしたボタンやダイルがいっぱい付いてないと気分が出ません。
 
 実際、ダイヤルで露出補正出来るあたりはすごく便利です。

 さらにファンクションボタンを押せば、ISO感度もすぐに変えられるし、その他の機能も登録できる。

 シャッタースピードダイヤルとレンズの絞りの組み合わせででプログラム(どちらもAuto)、シャッター優先(シャッタースピードダイヤルを任意に設定)、絞り優先(絞りを任意に設定)を選べるというのも、銀塩のマニュアル撮影に慣れていた人にとっては、デジカメに感じていた不自由さから解放してくれる感じ。

 写りはカラーが富士定番のVelvia/PROVIA/ASTIAというフイルムのシミュレーションが選べますし、モノクロもフィルターなし、Ye/R/Gという3種類のフィルターを付けた映りが用意されています。さらにセピアもあって計8種類から「写り」を選択できる。

 そして、画質は文句ないといいますか、ムリのない設計の優秀なレンズにAPS-Cサイズの画像素子を組み合わせれば、ここまで写るんだ、というところを達成しています。

 デザインはM型LEICAを意識していますが、質感を期待するとガッカリするかもしれません。銀梨地の仕上げなど旧ソ連といいますか10年ぐらい前の中国製カメラのような出来。60年代、70年代の日本製の中級機の質感に遙かに及ばない。昔の工作技術がいかにすごかったということかもしれないが、グッタペルカの質感もちょっと…。まあ、きっと、社内で高級路線否定されたんだろうなと思います。LEICAの質感求めたら12万じゃなくって、20 万は確実にオーバーしそうだし。M型の形って、ある意味、抜けないわなぁとも感じました。

 スリットの入った専用のフードは大人気で、すでに売り切れでした。しかも、生産再開のメドもたっていないようなので、エツミのインナーフードを保護フィルターの前に着けました。

 専用フードだとファインダーを1/3ぐらい隠してしまうので、外に開いていないインナーフードがいいんじゃないかと思っています。

|

« 『記録と考証 日中国交正常化・日中平和友好条約締結交渉』 | Main | 新宿・パンドラのステーキランチ »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/51067664

Listed below are links to weblogs that reference FinePix X100を導入:

« 『記録と考証 日中国交正常化・日中平和友好条約締結交渉』 | Main | 新宿・パンドラのステーキランチ »