« 「魚のほね」のイチボ | Main | 『グノーシス 「妬み」の政治学』#2 »

February 25, 2011

『グノーシス 「妬み」の政治学』#1

Gnosis_ohnuki

『グノーシス 「妬み」の政治学』大貫隆、岩波書店

 ひと言で言って、とてつもなく面白い本でした。ただし、竜頭蛇尾とまではいわないまでも、後半のマニ教をもってグノーシスを代表させるヴェーバー批判というのは「ひょっとして、前半だけだと分量少ないから付けたのかな」と思うほどでしたが、序章と第一章を読むだけでもとんでもない価値のある本だと思います。

 ものすごく単純化してみると、グノーシス文書を書いた著者たちが取り組んだのは旧約聖書の「妬む神」批判だ、ということ。

 「出エジプト記」の20章でモーセが十戒を授かる場面は、旧約聖書の中でも最も有名な箇所だと思いますが、その中で「あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない」というのはわかりますが、「わたしは妬む神である。わたしを憎む者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも報いるが、わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、千代の人々にも及ぶ慈しみを与える」というあたりまでくるといかがなものかな、と。だって「妬む神」ですよ。で、愛する者を慈しむのは当たり前にしても、憎む者に報復するのはどうなんでしょうかねぇ、と感じる方は多いと思います。*1

 グノーシス神話を書いた人々も、きっとそう考えたといいますか、ここは想像の翼を広げて言わせてもらえれば、どうして神がいるのに悪も存在するのか、ということを深く考えたんだと思うんですよ。そして、俄然、得た答えが「どうも、この妬む神それ自身がおかしいんじゃない」というもので、ユダヤ教の神というのは、異形の神ヤルダバオートであり、アダムもヤルダバオートによって創造されるが、その中には母親ソフィアの「光」が残っており、人間にとって最も大切なのは、その「光」を認識(グノーシス)することだ、という具合に逆転させたんだろう、と。

 さて、序章ですが、ヘブライ語の「嫉妬」は「キンアー(quina)」で、その動詞「嫉妬する」は「カーナー(quana)」であり、人間同士の妬みのほかにも、イスラエルの民と神ヤハウェの契約関係の排他性が問題にされるところで使われる、としています(p.1)。また、サウルがダビデの戦功を妬んで「猜疑の目」で見るようになる、という場面で使われるのは「目」を意味する「アイン(ayin)」と同根の「オーイェーン(oyen/owen)」です(p.5)。この「猜疑の目」と似ているのが、マタイ「ぶどう園の労働者」のたとえに出てくる20:15の「わたしの気前のよさをねたむのか」の「ねたむ」は直訳すると「君の目は邪悪である」となります(ο οφθαλμοs σου πονηροs εστιν)。

 えー、まだまだ、全然、最初の方ですが。今日はこのぐらいにして、また書きます。

[目次]

序章 古代における「妬み」の詩学と哲学
第1章 グノーシス神話と「妬み」
第2章 「妬み」の非神話化と克服
第3章 グノーシスと政治(シリア・エジプト型)
第4章 グノーシスと政治(マニ教型)
むすび 近代論とグノーシス

*1
新共同訳の出エジプト記では、まあ、信者さんたちにサラッと読んでもらおうということで文語訳の「嫉妬心」や口語訳の「妬む神」ではなく「熱情の神」と訳しています。以下は新共同訳の20:1-6ですが、上記のカッコ内は、岩波版などを参考にして分かりやすくアレンジしたものです。

出 20:1 神はこれらすべての言葉を告げられた。
出 20:2 「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。
出 20:3 あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。
出 20:4 あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。
出 20:5 あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。わたしは主、あなたの神。わたしは熱情の神である。わたしを否む者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問うが、
出 20:6 わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。

|

« 「魚のほね」のイチボ | Main | 『グノーシス 「妬み」の政治学』#2 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/50969844

Listed below are links to weblogs that reference 『グノーシス 「妬み」の政治学』#1:

« 「魚のほね」のイチボ | Main | 『グノーシス 「妬み」の政治学』#2 »