« さかなや富ちゃんの「佃煮」 | Main | 『米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ』 »

January 19, 2011

むとうの鯛茶漬け

Mutoh2

むとう 中央区銀座6-4-16 3571-0723

 古い一軒家を立て直していた「むとう」さんが、昨年末あたりから再び営業を開始していたというので、訪問してきました。

 本当は別な日本料理屋さんのランチに行く予定だったんですが、暖簾出しているのに、まだ中でまかないを食べているような状況だったので、同じ通りのこちらに変更。

 こちらは鯛茶漬けが有名なお店。

 ということで迷わずオーダー。

 確か、以前は鯛茶漬けは1400円だったと思いましたが、今は1500円(税込)。

 まあ、銀座で、このレベルだから仕方ありません。

 卵焼きも温かいし大根おろしの絞り具合もちょうどいい。

 お新香も上等。

 すべてに隙がありません。

Mutoh3

 堅めに炊かれたご飯は見るからに美味しそう。

 胡麻がまぶされた鯛にぴったし。

 もちろん、最初はお刺身のようにしていただき、その後、アチチのお茶をかけて鯛茶に。

 年取ったのかもしれませんが、今となってはこれぐらいの量がピッタリきます(ガッツリ行きたい方には不満でしょうが)。

|

« さかなや富ちゃんの「佃煮」 | Main | 『米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/50629383

Listed below are links to weblogs that reference むとうの鯛茶漬け:

« さかなや富ちゃんの「佃煮」 | Main | 『米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ』 »