« 『米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ』 | Main | 「新宿割烹 中嶋」の鰯料理ランチ »

January 23, 2011

『DIYレストア』

Fukuno_diy

『DIYレストア』福野礼一郎監修、学研Mook

 自動車業界にカネが廻っていない状況を示しているんでしょうかね。最高のライターだと思う福野礼一郎さんの新作もあまり見かけなくなっています。

 この大型本も福野礼一郎「監修」ということからか、ひっかかってこなくて、知ったのは最近。ロールスロイスを手直しする『極上中古車の作り方』が素晴らしかったので、フェラーリ365BBを同じようにレストアする内容と思って手に取ったらちょっとガッカリしました。

 まず写真がダメすぎ。

 『極上中古車の作り方』はさすがに別冊CGだけあって、一点一点イイ出来です。全体のトーンは統一されているし、高級感も感じられる。ところが『DIYレストア』は写真もダメだし、レイアウトもブロック編集で詰め込みすぎ。

 まあ、内容は頑張っていますけどね。

 『極上中古車の作り方』ではウッドパネルのひび割れをスジボリ用ツールでV字に削ってから直すとか、航空機モデルのキャノピーをコンパウンドで水飴にのようになるまで磨く要領で表面が室内照明の透明カバーを磨き上げたり、吹き付け塗装の技術で皮のテカリをなくす方法などプラモデル的な手法に驚きましたが、今回は、さらに進んだなと思ったのが、ブラスタの活用。

 砂のような細かな粒子をエアでぶつけて、表面のサビ、汚れなどを除去するのですが、エアの強さ、ぶつける粒子(メディア)によって仕上がりもまったく違ってきます。世の中、こんなに面白い「男の世界」があるんだな、と思いましたね。

 後は、シートの丸洗い。『極上中古車の作り方』では本皮シートだったのですが、今回取り上げられたのはファブリックのシート。こうしたシートを丸洗いするには、真冬の今が一番とのこと。毎日着ているのに何年も洗っていない服を洗濯したような気分になれるそうです。

 しかし、カネが廻っていないな、と思ったのは、365BBのレストアを途中で「資金もない」という状態に陥っているとのこと。

 まあ、いろいろ考えさせられた本でもありました。

|

« 『米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ』 | Main | 「新宿割烹 中嶋」の鰯料理ランチ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/50667807

Listed below are links to weblogs that reference 『DIYレストア』:

« 『米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ』 | Main | 「新宿割烹 中嶋」の鰯料理ランチ »