« 『作家の使命 私の戦後 山崎豊子 自作を語る』 | Main | 若い玉手の『合邦辻』 »

December 22, 2010

「神田 まつや」の大ゆず

Matsuya_ohyuzu

「神田 まつや」 千代田区神田須田町1-13 3251-1556

 今年は久々に「神田 まつや」でゆずきりをいただけました。

 ゆずきりはいろんなところでいただきましたが、ここのが一番だと思っています。

 ということで、まず日本酒で乾杯。

 そば味噌をアテにチビチビとやっていると、すぐに出てきます。

 前はなかったと思いますが、いまはゆずきりも大盛りをやってくれます。

 ゆずきりは並が850円、大盛りが1000円。

 もちろん「大ゆず」を頼みました。
Matsuya_2010_december

 前は「ゆずきり二枚」と頼んでいたのでありがたい。

 普段は付けてくれないワサビも付いてきて、これがからい汁に合うんですよ。

 忙しい時期に、ほんのひとときですけど、ホッとさせてくれる一瞬です。

|

« 『作家の使命 私の戦後 山崎豊子 自作を語る』 | Main | 若い玉手の『合邦辻』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/50369351

Listed below are links to weblogs that reference 「神田 まつや」の大ゆず:

« 『作家の使命 私の戦後 山崎豊子 自作を語る』 | Main | 若い玉手の『合邦辻』 »