« 『精神医学から臨床哲学へ』 | Main | 「さかなや 富ちゃん 六本木店」のランチ御膳 »

December 13, 2010

AFURIのゆず塩麺

Afuri

「AFURI (阿夫利)」渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル

 恵比寿再発見ということで、山田ラーメンに続いて未訪だったお店のご紹介。

 よく、恵比寿はラーメン激戦区だと言われていましたが、子供の頃からずっと見てきている身にとっては「それってどこの話よ」みたいな感じでした。

 かろうじて恵比寿ラーメンと香月ぐらいが旨かったかな、みたいな感じでしたが、恵比寿ラーメンが旨かったピークは短かったし、香月は明治通り沿いにあった時が伝説だったと思います。

 ということで、ラーメン特集みたいなのは昔から眉唾モンで見ていて、AFURIみたいに評判の高い店でも、積極的に行ってみようとは思いませんでした。

 でも、結果を先に書きますと、ここはいいです。

 いただいたのは看板メニューの「ゆず塩麺」。

 スープがうま味調味料無使用なのにコクがあって、最後まで飲めるのがいい。

 具の水菜があっさり感を強調しています。

 これにトッピングしたあぶりチャーシューがアクセントになります。

 店内はキレイで昼間っから男女のカップルや女性が多いのも特長でしょうね。

 量はガッツリいきたい人には物足りないかもしれませんが、小生にとっては、もはやありがたい少なさです。

|

« 『精神医学から臨床哲学へ』 | Main | 「さかなや 富ちゃん 六本木店」のランチ御膳 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

恵比寿ラーメン懐かしい!!
美味かったころっていうと、まだカウンターで立ち食いだったころですよね。
あそこのワンタンメンはホント美味かったよなー。
誇張ではなく週一で喰ってましたw

カウンターに椅子がついてから
急速に没落していったような気が。。。

Posted by: yasuzoh | December 16, 2010 at 11:15 PM

なんか夫婦仲が悪くなって、最後は離婚しちゃったらしいんですが、それも味に影響したんでしょうねぇ…

小太りなオヤジが注文ごとに切り分けていたチャーシューが美味かったんですよねぇ…

いつも、ニンニク入りのを喰ってました。

にしても、座って待って、立って喰わせるというシステムはあそこだけでしたねぇw

Posted by: pata | December 17, 2010 at 07:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/50291222

Listed below are links to weblogs that reference AFURIのゆず塩麺:

« 『精神医学から臨床哲学へ』 | Main | 「さかなや 富ちゃん 六本木店」のランチ御膳 »