« 「その名は蔦屋重三郎」展 | Main | 「うな徳」の鰻玉丼 »

November 24, 2010

「田中家」ぜよ

Tanakaya_1

「割烹 田中家」 横浜市神奈川区台町11-1 045-311-2621

 「龍馬伝」もいよいよラスト、ということで、賑わいをみせているところはいろいろあると思いますが、横浜では「田中家」さんが、福山・龍馬の恩恵を一番受けているのではないでしょうか。

 田中家の創業は江戸時代後期の文久三年(1863年)。

 こちらが有名な理由は2つあります。

 まず前身「さくらや」が広重の神奈川宿台之景に二階建ての旅篭として描がかれているところ。

 神奈川宿は日本橋から数えて三番目の宿場町。

 ハリスや高杉晋作も訪れた、神奈川湊を見下ろす絶景の宿だったそうです。

 もうひとつは、明治7年から、龍馬の妻だったおりょうさんが、勝海舟の紹介で働いていたこと。

 神奈川県の建てた案内板にも「英語が話せ、月琴も弾こくことのできるおりょうは外国人の接待に重宝された」と書かれています。

 現在は旅館としての営業はやっておらず、割烹一本ですが、通された二階奥の部屋には、昔の日本旅館に必ずあったような、外窓と和室の間の廊下に置かれた応接セットなんかもキチンとあって、昔を偲ばせてくれます。

Tanakaya_2

 昼の一万円コースの料理をいただいたのですが、まあ、こんなものでしょうかね。

 写真が好きだった三代目が残したおりようさんを含む明治時代の写真の展示なんかも、もう少し丁寧にやってくれたら、お店の格もあがるんじゃないかな、と。

 神奈川最古の料亭だそうですが、これだけの歴史的資産があるんですから、もっとがんばれるんじゃないかな、と思いました。

先附 雲子豆腐 ちぎり海老 ねじり葱
椀盛 つみれみぞれ仕立 柚子
造里 季節のお造里三種
焼物 鰆柚庵焼
蒸物 甘鯛蕪蒸し
煮物 海老芋 蟹あんかけ
洋皿 葉山牛ステーキ
酢の物 帆立貝の山かけ
食事 鮭ご飯
止椀 田舎味噌仕立
香物 きゅうり 紅しそ大根
甘味 抹茶ゼリー

|

« 「その名は蔦屋重三郎」展 | Main | 「うな徳」の鰻玉丼 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/50117165

Listed below are links to weblogs that reference 「田中家」ぜよ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/25 09:21) [ケノーベル エージェント]
横浜市神奈川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

Tracked on November 25, 2010 at 09:22 AM

« 「その名は蔦屋重三郎」展 | Main | 「うな徳」の鰻玉丼 »