« 『ポールソン回顧録』#1 | Main | GXR用の28mmレンズを導入 »

November 08, 2010

佳蕎庵の武蔵野うどん

Kakyouan_udon

佳蕎庵 小平市小川町2-1362  042-347-0655

 青梅街道沿いにある蕎麦屋さん。

 本当なら蕎麦を紹介しなければなりませんが、ここはあえて「うどん」を。

 武蔵野うどんというジャンルがありまして、しょっぱいつけ汁でいただくのがデフォルト。

 つけ汁ではきのこ、豚、ナスなどが定番でどれも大好きとくれば探訪したいのですが、なにせ、日曜日にやっている名店が少ないと聞きます。

 ということで、いつも休日のたびに「武蔵野うどんを喰いたいなぁ」とため息をつくのですが、それよりもてっとり早く昼から蕎麦屋で一杯やるという、これまた至福の喜びの方にうつつを抜かしてしまうという状況が続いていました。

 そんな折り、「昼間っから酒が飲めるつまみが豊富な店で、しかも、蕎麦だけではなくうどんもやってくれる店がある」というのですから、行かざるを得ません。

 場所は西武多摩湖線の青梅街道駅からも、武蔵野線の新小平駅からも歩いていける距離(事業仕分けで廃止が決まった職業能力開発総合大学校東京校のすぐそばでもあります。いやー、この施設はひどい。ほとんど使われていない広大な敷地は、見ているだけでアタマにきます)。

Kakyouan_salad

 お店の外観は雰囲気ありませんし、中も素人っぽさが抜けないのですが、おつまみは豊富ですし、日本酒もいいのがおいてあるし、「いづみ橋・秋とんぼ」とか珍しいのもおいてある。

 ということで順調にペースをあげつつ、最後は敬意を表して蕎麦とうどんを喰わなければということで、腹八分目で抑えつつ、せいろと肉汁うどんを頼みます。

 で、出てきたのが、写真のうどん。

 うどんに関しては「勉強中」ということらしく、毎週、太さも違うとのことですが、この日のは太めとのこと。

 個人的に大好きなしょっぱいつけ汁に、歯ごたえ十分なうどんがあいます。

 最後は七味をうどんにふりかけていただいてしまいました。

 これもまた、こんなのをほめると「蕎麦屋なんだから、定番にも言及しろよ」と言われそうですが、近所の農家からの朝採れ野菜を使ったサラダがパリッパリで美味しかった。

 また、行きたい。

 そんな気持ちに確実にさせてくれます。

|

« 『ポールソン回顧録』#1 | Main | GXR用の28mmレンズを導入 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49967044

Listed below are links to weblogs that reference 佳蕎庵の武蔵野うどん:

« 『ポールソン回顧録』#1 | Main | GXR用の28mmレンズを導入 »