« 『熱学思想の史的展開 熱とエントロピー1』 | Main | 皆美の鰻まぶし »

November 01, 2010

「ほりうち」のらぁめん

Horiuchi_ramen

「らぁめん ほりうち」新宿区西新宿1-4-7 高野ビル1F 3348-5530

 先日、なんとなく80年代的ノスタルジーな満来でラーメンをいただいたので、ここも紹介しないわけにはいきません。

 満来の写真と見比べいただければわかると思うのですが、ほとんど同じ。

 しかも、その同じようなラーメンを10メートル隣で出しているというのも珍しいと思います。

 元々、こちらのご主人は満来の元店長。

 07年に満来の初代店主の引退にともない、味を引き継いだのですが、なんと08年9月に2代目高野氏が満来を建て替えた元の場所に出来上がった満来ビルに新しい「満来」をオープンさせたという経緯があります。

 しかし、高野ビルも高野氏の持ち物なんでしょうか。

 そうだとしたら新宿に2棟のビルなんて凄いラーメンドリーム。

 味は、どちらかというと「ほりうち」の方が決まってます。

 チャーシューの出来も「ほりうち」の方がいい。

 昔ながらの常連さんも「ほりうち」の方が多い感じ。

 本来ならば食べ比べると面白いと思うのですが、量が凄いので、麺少なめにしても大変です。

|

« 『熱学思想の史的展開 熱とエントロピー1』 | Main | 皆美の鰻まぶし »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49905139

Listed below are links to weblogs that reference 「ほりうち」のらぁめん:

« 『熱学思想の史的展開 熱とエントロピー1』 | Main | 皆美の鰻まぶし »