« いさご家の焼き鱧と松茸のしゃぶしゃぶ | Main | 新橋・根室食堂のホッキ貝カレー »

October 12, 2010

満来のラーメン

Banrai_ramen

満来 東京都新宿区西新宿1-4-10 3348-5470

 1980年代のラーメンブームの頃から話題になっていた店。

 いまだに新宿の小田急ハルク裏という立地で客を並ばせるというだけで尊敬できます。

 当時のラーメン本のひとつ『ベストオブラーメン』文春文庫ビジュアル版、1989を見ると「満来のチャーシューらあめんのボヴォリュームはまさにギネスブックもんである。厚さ一センチ余、総重量二百五十グラムの肉塊が丼中を支配している驚異の世界を、じっくりとごらんいただきたい」「これ一杯平らげれば夕食までハラが減ることはまずないだろう」と紹介されていて、写真のキャプションは「眼下にのびえる驚異の肉塊」となっています。

 ということでチャーシューの量の多さで売っていたんですな。

 当時の写真と比べると、細切りになっていた海苔が一枚に変わったのと、青菜が多く乗っているというのが変わったところでしょうか。

 平打ちの縮れ麺、醤油系のさっぱりスープという基本には変化なし。

 ただし、麺の量は増えているんじゃないかな…

 写真は普通盛りなのに凄い量。

 正直、今時のチャーシューと比べて進化していないというか、単なる肉塊で、胡椒をぶっかけた方がいい感じなんですが、懐かしい。

 スープも今時の店は比べると何が足りないのかわかないけど物足りない系。

 でも、それが懐かしいのかもしれません。

|

« いさご家の焼き鱧と松茸のしゃぶしゃぶ | Main | 新橋・根室食堂のホッキ貝カレー »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49717410

Listed below are links to weblogs that reference 満来のラーメン:

« いさご家の焼き鱧と松茸のしゃぶしゃぶ | Main | 新橋・根室食堂のホッキ貝カレー »