« 『バスティーユの陥落 小説フランス革命2』 | Main | 『聖者の戦い 小説フランス革命3』 »

October 21, 2010

湯沢・中野屋の「舞茸あい盛り」

Nakanoya_aimori_maitake_tempura

「中野屋 湯沢店」 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2-6-3  025-784-3720

 なんもないところですが(失礼!)、越後湯沢は「はくたか」に乗り替えて金沢に足を伸ばしたり、新潟までいくのに乗り過ごしたりするだけじゃなくって、けっこう降りたりするんですわ。

 となると、いつでも寄ってしまうのが中野屋。

 へぎそばを喰わせてくれます。

 だいたい店構えがでかいし、厨房もでかい。

 見るからに、なんか、んまいもんを喰わせてくれるような感じがしてきます。

 本当は何人かでいって「へぎ」にまかれたそばをツルツルッといくのがいいんでしょうが、なぜか、ここに降り立つときはひとり。

 でも、大丈夫なんすよ。

 1400円で天ぷらのついた一人前がいただけます。

 いつもはフツーにへぎそば(っつうか布海苔=ふのりをつなぎにつかったそば)をいただくんですが、この日はふたつ趣向をこらしました。

 ひとつはうどんとのあい盛りにしたこと。

 そして、天ぷらは盛り合わせじゃなくって、舞茸にしてもらったこと。

 あい盛りの舞茸天ぷらはメニューにはないんですが、頼めば気安くやってくれます。

 ツルツルッとした食感を楽しむのはほんのひとときなんですが、これからも中野屋さんには行くでしょうね。

 通し営業なのも安心です。

|

« 『バスティーユの陥落 小説フランス革命2』 | Main | 『聖者の戦い 小説フランス革命3』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49808417

Listed below are links to weblogs that reference 湯沢・中野屋の「舞茸あい盛り」:

« 『バスティーユの陥落 小説フランス革命2』 | Main | 『聖者の戦い 小説フランス革命3』 »