« 『二十年目のザンボット3』 | Main | 『権力の館を歩く』 »

September 07, 2010

新宿「北海道展」めぐり

Butadon

 さくまあきらさんが日記で《新宿ではなんと! 伊勢丹、小田急、京王の3つのデパートがそれぞれ「北海道展」をやっているのだ。「北海道展」が物産展では一番人気があるのは有名。でも3つのデパートが同時開催とはおもしろい》と書いていたので、さっそく小田急と京王に行ってきました。

 京王デパートではいただいたのは十勝のB級グルメで有名な「豚丼」。

 ドライブインいとうの出展です。

 豚肉はケンボローを使用。

 なんでも、ケンブリッジ(Cambridge)大学とエジンバラ(Edinburgh)大学が品種改良したという偏差値の高そうな肉です。

 それが厚く切ってあって、特製のタレで焼いたのが白い御飯の上に乗ってるだけ。

 その「だけ」が美味しいって感じでしょうかね。

Morino_ila_mesi

 時鮭とかウニを盛り合わせたのも出していましたが、プレーンな豚丼900円にしました。

 ということで、せっかくなので夕食用に「森のイカめし」500円も購入。

 ずっと人気が高い駅弁で、久々にいただいたのですが、懐かしいだけでなく、ちゃんと美味しいと感じました。

 京王デパートでは「北見のオホーツク塩焼きそば」をいただきました。

 北見のオホーツク塩焼きそばは松竹梅があります。

 それぞれズワイガニの足と海老が丸々一匹入ったのが981円、海老とホタテたっぷりが781円、具材少なめ581円となっています。

 おばちゃんが「これが出来たてだから、食べてって」とお勧めされたのが海老とホタテがたっぷり入った竹バージョン。

Kitami_sio_yakisoba

 さっそくイートインコーナーっつうか長いすでいただきました。

 まあ、フツーに塩味の焼きそばで、美味しかったんですが、やっぱ海鮮の具は塩味の方が合いますわな、みたいな。

 京王でオミヤにしたのが「角屋の焼きそば」。

 『秘密のケンミンSHOW』で紹介された、冷たいままかぶりつくという衝撃の焼きそば。

 こちらはソース味がしみこんでいるからパクパクいただけるわけですが、いやー、飲み屋さんに持っていったら大好評で人気モンになれました!

 紅ショウガの薄切りが実に良いアクセントになってます。

Kadoya_yakisoba


|

« 『二十年目のザンボット3』 | Main | 『権力の館を歩く』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49380595

Listed below are links to weblogs that reference 新宿「北海道展」めぐり:

« 『二十年目のザンボット3』 | Main | 『権力の館を歩く』 »