« ゲルト・タイセン講演会「イエスは実在したか」 | Main | 『もう一杯!!』 »

September 23, 2010

Kindle 3を導入

Kindle_start

 最初にKindleが出た時から注目はしていましたが、日本語表示はできないわ、でかいは重たいわで、とても買う気にはなりませんでした。

 その後、ナニすれば日本語も表示できるようになりましたが、時々、電車の横に座って、これで読んでる風情をチラ見させてもらっても、ページめくりなどが「遅いわなぁ」と思って見送り。

 ところが、最新の6 inchディスプレイのKindleは、日本語表示も可能だし、なんつっても小さくていい。

 さらには円高ということもあって、カバーに送料を含めても2万円以下で手に入るということで、ポチッと注文してしまいました。

 カバーは必需品でしよう。

 保護フィルムを貼ろうかな、とも思いましたが、紙のようなE-Ink製電子ペーパーの映りをそこなわないようにしたいですからね。

 その代りにE-Ink製電子ペーパーを保護してくれるのがカバー。

 ゴムバンドが付いていて、簡単に開かないうになっているのがアメリカン(インディージョーンズの1作目で、手帳がゴムバンドで巻かれているのを覚えていますか?あんな感じ)。

 購入したのはWi-Fiモデル。

 持った印象は「軽い」。

 iPadの「重い…」とは真逆。

 購入したのはAmazon USAのサイト。

 自動的にレジストレーションしてくれるし、過去に、DeskTop版Kindleで読むために購入した書籍も、自動的に入ってくれます。

Kindle_shop_1st

 最初に記念購入したのはJoseph Fitzmyer師の"A Guide to the Dead Sea Scrolls and Related Literature"

 Kindle Editionだと$7.60安い$16.40でした。

 ただし1-Click購入を設定しておかないとダメみたいで、最初は少しあせりました。

 インターネットの接続はWi-Fiでも、お世辞にも速いとは言えないし、妙に間があく感じにまだ慣れませんが、実用レベル。

 つか、自炊して、コンメンタールを全部放り込んでおこうか…とか久々に向学心がかき立てられます。

 自炊の場合、本の切断が大変ですが、今や切断サービスと取り込むスキャナなどを貸し出してくれるサービスもあるぐらいで、いつか集中してやろうかな、と思います。

 ただし古い人間ですので、どうしても本を「切断する」という行為には罪悪感がともなうんですよね…。

 ま、とにかくカバーをつけて持ち歩いてもハードカバーの本とさほど変わらない印象だし、iPadは本を読むには、あまりにも重くてつかれるので、これからは、ずっとデイパツクの中に放り込んでおくつもりです。

 iPadも持っていますが、この6インチサイズはいいです。

 iPadも次のゼネレーションでは、このサイズのも出してほしい。

|

« ゲルト・タイセン講演会「イエスは実在したか」 | Main | 『もう一杯!!』 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49543173

Listed below are links to weblogs that reference Kindle 3を導入:

« ゲルト・タイセン講演会「イエスは実在したか」 | Main | 『もう一杯!!』 »