« 東洋経済2010上期経済書・政治書ベスト40 | Main | 「あきしの」の茶碗酒 »

August 12, 2010

『美わしのベンガル』

Uruwashino_bengale

『美わしのベンガル』ジボナノンド・ダーシュ、臼田雅之(訳)、花神社

 中井先生が『私の日本語雑記』で《したたるほどのイメージが(いや視覚だけでなく聴覚も嗅覚も身体感覚さえも)鮮明強力に立ち上がってくるすばらしい例を挙げたい》(p.158)としてあげていたのが、ジボナノンド・ダーシュの詩集『美わしのベンガル』です。

 一読、枕許の詩集のコーナーに置きました。

 いろいろネットでも、探しましたが、どこにも、『美わしのベンガル』の一篇の詩さえも載っていないのは惜しいと思ったので、少し、書き写してみます。

 少しでも、この詩人と詩集への興味を持つ方が増えることを祈って。

[2]

君たちはどこへでも好きな所に行くがいい、私はこのベンガルの岸に
残るつもりだ そして見るだろう カンタルの葉が夜明けの風に落ちるのを
焦茶色のシャリクの羽が夕暮に冷えてゆくのを
白い羽毛の下、その鬱金(うこん)の肢が暗がりの草のなかを
踊りゆくのを-一度-二度-そこから急にその鳥のことを
森のヒジュルの樹が呼びかける 心のかたわらで
私は見るだろう優しい女の手を-白い腕輪をつけたその手が灰色の風に
法螺貝のようにむせび泣くのを、夕暮れにその女(ひと)は池のほとりに立ち
煎り米の家鴨(いりごめのあひる)を連れてでも行くよう どこか物語の国へと-
「生命(いのち)の言葉」の匂いが触れてでもいるよう その女(ひと)は この池の住み処(か)に
声もなく一度みずに足を洗う-それから遠くあてもなく
立ち去っていく 霧のなかに、-でも知っている 地上の雑踏のなかで
私はその女(ひと)を見失うことはあるまい-あの女(ひと)はいる、このベンガルの岸に

[6]

空に七つの星が昇ったとき 私はこの草に
座りつづける カムランガの花の赤さの雲が 死んだモニア鳥(どり)のように
ガンジスの河波に沈んでいった-やってきたのは静かな慎ましい
ベンガルの青い夕暮れ-美しい髪の娘が空にあらわれたかのよう、
私の目のうえに 私の口のうえに 彼女の髪は漂う、
地上のどんな道もこの娘を見たことがない-見たことはない これほど
豊かな髪がヒジョル、カンタル、ジャームの樹々にたえまなく口づけをふらすのを
知らなかった こんなにやわらかな匂いが立つとは 美しい女(ひと)の結いあげた髪に

地上のどんな道でも、やわらかな稲の香り-藻草の匂い
家鴨(あひる)の羽、葦、池の水、淡水魚たちの
微かな匂い、若い女の米をとぐ濡れた手-冷たいその手
若者の足に踏まれた草むら-たくさんの赤い菩提樹の実の
痛みにふるえる匂いの疲れた沈黙-これらのなかにこそベンガルの生命(いのち)を
空に七つの星が昇ったとき 私はゆたかに感じる。

[12]

眠りに落ちるだろう 私はいつか 君たちの星の夜に
枕許には真夏の雲-まるでたくさんの白い貝殻でできた丘が
河の向う岸から眺めているよう-とあるひとの貝殻娘の
灰色のお伽話のことが思い浮かぼう-このマンゴーと黒苺の木々の影に
いつのことであったか 私は彼女を見た-いつのことであったか 私の手に置かれた
彼女の手-それからまたいつであったか 焼場の薪のうえで彼女の骨が
崩れていった、ずっと以前、この世のことではないかのよう-だが
この村里の道でおそらく三百年まえに-私は彼女とともに

すごしたことがある-ひょっとすると五百年まえに-七百年が
それからすぎたかもしれない、君たちのマンゴーと黒苺とカンタルの国に、
稲の刈り入れはすんだ 田ごと田ごとに どれほどの藁屑を拾ったことか
私はそれを葺いて家を結んだ この黒い女神(シヤマ)と鶺鴒(せきれい)の国を愛して
神祝いの歌を聞いて いくたび藁葺きの家は押し流されたたことだろう
マトゥラの雅歌を詠唱していくたび空にしたことだろう 藁葺きの家を。

 この調子で全61篇。

 とろけます。

 恥ずかしながらラビンドラナート・タゴール『ギタンジャリ』は読んでいなかったのですが、ベンガルの大詩人の邦訳を注文するとともに、iBooksで"Gitanjali"をゲットしました。

 こういったところではiBooksは便利ですね。

|

« 東洋経済2010上期経済書・政治書ベスト40 | Main | 「あきしの」の茶碗酒 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49131494

Listed below are links to weblogs that reference 『美わしのベンガル』:

« 東洋経済2010上期経済書・政治書ベスト40 | Main | 「あきしの」の茶碗酒 »