« 『美わしのベンガル』 | Main | 『官邸敗北』 »

August 16, 2010

「あきしの」の茶碗酒

Akisino_soba

「あきしの」 長野県岡谷市長地柴宮1-9-1 0266-27-9000

 夏休みは諏訪に行ってきました。

 諏訪大社と御柱には驚きの連続だったのですが、やっぱり蕎麦をいただきたい。

 ということでうかがったのが「あきしの」。

 道からちょっと入ったところの坂の上が蕎麦工房になっていて、その工房を横目に見つつ坂を下りて、左に曲がれば母屋。

 庭も実に手入れが行き届いていて、清明そのもの。

 通された部屋も実に清潔。

 しかも綺麗なのに落ち着けるのは、やはり空間が広いからですかね。

 お部屋の中の空気も澄んでいる感じ。

Akisino_chawansake

 ビールで喉の調子を整えたら、さっそくそば前(お酒)に。

 酒は高天か真澄。

 よかったのが茶碗酒。

 よく冷えた磁器が、なんともいえず涼を感じさせてくれます。

 これだけを飲みにきてもいいぐらい。

 おつまみは、そばがき、夏野菜の天麩羅、地鶏塩焼き、かき揚げといろいろ頼みましたが、よかったのが地鶏塩焼き。

 皮はパリッパリだし、付け合わせの長ネギも滋味豊か。

 一緒にいただくと、夏の信州の滋養を補給できる感じ。

Akisino_zidori

 そばがきはモチモチしているので、なんか入れているかと思ったら、そば粉だけとのこと。

 素晴らしい。

 最後のざるそばはお腹いっぱいになったので、4人で二人前を頼んだですが、けっこう、普通に量があります。

 キレが良い蕎麦でした。

|

« 『美わしのベンガル』 | Main | 『官邸敗北』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/49162455

Listed below are links to weblogs that reference 「あきしの」の茶碗酒:

« 『美わしのベンガル』 | Main | 『官邸敗北』 »