« 中本・新宿店の「とろろっと塩つけじゃ健!!」 | Main | 『シリーズ 中国近現代史 1 清朝と近代世界 19世紀』 »

June 24, 2010

「ポスト印象派」オルセー美術館展2010

Orsay_2010_1

 オルセー美術館が昨年末あたりから大規模な改修工事に入っているようで、対象となっている最上階の印象派とポスト印象派の展示室の作品が、世界を巡業しているようです。

 スペイン、アメリカ、オーストラリアなどへの貸出料約1000万ユーロで改修費を賄う計画らしく、220点の作品のうち115点が日本でも国立新美術館で8月16日まで展示されています。

 このうち10点ぐらいは、単独で来ても十分「オルセー展」とか銘打って興業できるぐらいの作品だと思いますので非常にお得。

 ということは大盛況なので、人混みを避けるために行くタイミングを狙っていて、大雨が降った平日の午後に行ったんですが、それでもすごい人でした。

 日本人は印象派が好きですねぇ…。

 これだけ印象派が好きなのは、それ以前の宗教画にピンとこないのと、それ以降の現代絵画がよくわからんので、唯一のストライクコースなんでしょうか、とも思いましたが、さらに浮世絵からインスパイアされたなどのヤポニズム趣味が心をくすぐるんでしょうかね。

Starry_night_gogh

 特にゴッホのStarry Nightの前なんか歩けやしない。

 でも、このStarry Nightは初見なんで嬉しかった。

 これまで何回かオルセーには行ってましたが、今回ほどではないにせよ、巡業に出ている絵で展示されていなかったのも見ることができたのはありがたかったですね。

 今回、チラッと残念だったのは、モネの「日傘の女」が向かって右向きのだったこと。

 オルセーでは1階で左右対称で展示されていたと思ったんですが、左向きのが好きなんすよねぇ…。

 まあ、有名な絵ですからピンで営業に出ているんでしょう。

 とかなんとか言っても印象派は大好きですし、「移転作業のための大興業」という本格的なもんなので、また、行きたいと思います。

|

« 中本・新宿店の「とろろっと塩つけじゃ健!!」 | Main | 『シリーズ 中国近現代史 1 清朝と近代世界 19世紀』 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/48708621

Listed below are links to weblogs that reference 「ポスト印象派」オルセー美術館展2010:

« 中本・新宿店の「とろろっと塩つけじゃ健!!」 | Main | 『シリーズ 中国近現代史 1 清朝と近代世界 19世紀』 »