« iPad(3G, 64GB)を導入 | Main | 南ばら亭の「炙り親子丼」 »

May 31, 2010

心配なのはCBの肉バナ

 いやー、イングランドとのテストマッチ、良かったですねぇ。

 前半は二軍相手でしたが、1-0と勝ち越して終了。

 後半になってジェラードが入ってランパードとセンターを固め、ジョー・コール、ショーン・ライト・フィリップスも入って主力が揃った状況では0-2に。前半と後半に分けて考えるなんてのは邪道でしょうが、まあ、こうなった展開は、フェアな結果ではないでしょうか(PKを川島が止めなければ後半だけで3点入れられたともいえますが)。

 とにかく、95年にイングランド対日本代表の試合がウェンブリーで行われた時には、井原のゴールが決まっただけで感激したし、04年にシティ・スタジアムで行われた試合で小野のゴールで追いついて引き分けた時には泣きそうになりました。

 今回は、日本が先制したということもあって、後半45分だけは、初めてのガチンコ対決になったんじゃないかと思います。後半だけを考えると、事実上3失点しているのですが、それでも、ひいき目に見て、日本代表の守備は崩壊していませんでした(崩壊しかけた感じも受けましたが)。決壊しそうな守備陣をかろうじて支えていたのは、4-1-4-1のアンカーで効きまくっていた阿部勇樹と長友、今野の両サイドだったと思います。

 闘莉王は先制点は素晴らしかったけど、後半は必要以上にバタバタしている印象で、30分すぎからは体幹がグニャグニャになっていた印象。阿部のカバーがあっても、あんな状態になるんだったら、必要以上の攻め上がりは絶対にやめるべき。

 ワールドカップの初戦で日本代表は2大会連続でセンターバックが途中交代しています。

 正直、これでは試合にならないし、個人的に一番恐れているのは、肉離れがクセになっているようなCBが途中交代すること。前回と比べると、バックアップに経験豊富な岩政が控えているので、最悪の状況は避けられると思っていますが、とにかく、CBには心配ないコンディションで臨んでもらいたいと思います。

4-1-4-1

川島永嗣  7.0

中澤佑二  5.5
闘莉王   6.0
今野泰幸  6.5
長友佑都  7.0

阿部勇樹  7.5

遠藤保仁  7.0
長谷部誠  6.5
本田圭佑  6.0
大久保嘉人 6.0

岡崎慎司  5.0

...............

森本貴幸  5.5
松井大輔  5.5
玉田圭司  -

|

« iPad(3G, 64GB)を導入 | Main | 南ばら亭の「炙り親子丼」 »

「W杯」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/48503925

Listed below are links to weblogs that reference 心配なのはCBの肉バナ:

« iPad(3G, 64GB)を導入 | Main | 南ばら亭の「炙り親子丼」 »