« ハシヤのアサリのスペシャル | Main | 『「無限」に魅入られた天才数学者たち』 »

April 02, 2010

中本新宿店の「蟹・DE・翔」

Nakamoto_shinjuku_kani_de_show

 これまでも「北極坦々麺」など傑作月替わりを生み出してきた翔ちゃん作の4月の月替わりが「蟹・DE・翔」。

 カスタマイズは麺特大まで可、さらに具の大盛りも可。

 一言でいえば蟹風味のシーフード中辛メニュー。

 イカ、小エビ、アサリを野菜と炒めた具にアスパラとカニカマがトッピングされていて950円は納得。

 中本の麺はストレートなので、もう少し麺にからむとスープの美味しさが伝わるんじゃないかと思いましたが、ポップにも書いている通り、ヒヤミスープをプラスして、熱盛り風にいただくことでチェンジオブペースを図れるかもしれません。

 もう少しパンチを効かせた方がいいかな、と思ったのですが、スープを飲むと、非常に旨い!

 完飲寸前で止めましたが、後を引く美味しさです。

 実は、ヒヤミスープをサイドメニューとしてとるのをやめたのは、販売開始された印度定食をいただいたから(190円)。

 これは前から熱望していたんですよ。

Nakamoto_shinjuku_indian_don

 新宿店の印度丼(まあ、ぶっちゃけ、レンゲでいただくカレーライス)はかなりレベル高いんです。

 蕎麦屋のカレーのようにダシが効いているんですが、専門店並の辛さで提供してくれるところが新宿店の嬉しいところ。

 かなりの頻度でサイドメニューとして追加しそうです。

 なお、印度単品も130円でルーのみも販売しています(さらに60円プラスでルー増量!)。

 いやー、新宿店はユーザーのニーズに真摯に応えようとする姿勢が素晴らしい!

|

« ハシヤのアサリのスペシャル | Main | 『「無限」に魅入られた天才数学者たち』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

早くも行かれましたか、自分も新宿の4月の月替わりは今日あたりにと思っていました。
具の大盛り(食券は野菜大盛りですかね?)も出来るのはいいですね。インド定食の話
は先週林店長が話しているのを聞いて知っていたので、自分も月替わりとインド+ライ
スの組み合わせで行こうと決めていました(笑)カニカマはちょっと寂しいですが蟹肉
にしたら950円では提供出来ないのでしょうね。

Posted by: THOMAS | April 03, 2010 at 07:52 AM

いやー、もうカニカマは彩り、と考えましょうw

Posted by: pata | April 04, 2010 at 02:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/47975911

Listed below are links to weblogs that reference 中本新宿店の「蟹・DE・翔」:

« ハシヤのアサリのスペシャル | Main | 『「無限」に魅入られた天才数学者たち』 »