« 『日本の近現代史をどう見るか シリーズ 日本近現代史 10』 | Main | 孤独のグルメまたはティア・スサナ »

March 02, 2010

「田吾作」のすっぽん唐揚げ

Tagosaku_karaage

「すっぽん料理 田吾作」 渋谷区富ヶ谷2-12-15 井上ビル 3485-0988

 そろそろ、寒い時期も終わりにきているのでまる鍋を喰いに富ヶ谷の「すっぽん料理 田吾作」を訪問しました。

 愛する「すっぽん とみ綱」もいいのですが、あまりにも職場に近いという難点もありますし、会社の人間と出会いたくはない、ということで乃木坂から代々木上原まで出て、そこから歩きました。

 もちろん、お腹を減らすためでもあります。

 ここのスッポン料理は、ひと言でいってワイルド。

 ニンニクを効かせた唐揚げなんか初めていただきましたね。

Tagosaku_wasuke

 肉はホクホクで、最高級の鶏肉をしっとりさせて、滋味豊かに揚げた感じ、といったら何か伝わるでしょうか。

 ナベもグッとパンチが効いてます。

 だから、最後の雑炊は別のスープでつくってくれる。

 なかなか美味しゅうございました。

 二人ではとても鍋がさらいきれなかったのですが、最大の楽しみである雑炊はいただかなければ何しにきたのかわかりません。

 そしたらあら熱をとって、オミヤにしてくれました。

 あと、ぬか漬けが最高。

 これもたっぷり出してくれたので、二次会のオミヤにしました。

Tagosaku_zoshui

 家族経営で伸びやかに温かくやっている。

 そんな感じが伝わってくる接客も好印象でした。

 あ、焼酎は「和助」を薦められたのですが、これがドンピシャと料理とマリアージュ。

 コクのある「和助」がパンチの効いたすっぽん料理を、さらなる高みに押し上げてくれる感じ。

 また、季節になったら行こ。

|

« 『日本の近現代史をどう見るか シリーズ 日本近現代史 10』 | Main | 孤独のグルメまたはティア・スサナ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/47706881

Listed below are links to weblogs that reference 「田吾作」のすっぽん唐揚げ:

« 『日本の近現代史をどう見るか シリーズ 日本近現代史 10』 | Main | 孤独のグルメまたはティア・スサナ »