« 『GXRワークショップ』と『桃鉄ごはん』 | Main | 「魚のほね」のメヌケ鍋 »

February 03, 2010

中本・新宿店の「TOKIO(登喜男)醤油 」

Nakamoto_shinjuku_tokio_shoyu

 最近、メキメキ頭角をあらわしている中井「登喜男」チーフ考案の10年2月の月替が「TOKIO(登喜男)醤油 」。

 中本ファンの裾野を広げるという意味もあると思われる非辛系メニューですが、ちゃんと(?)鷹の爪が入っています。

 キャベツ、玉ねぎ、ニンニク、ニンニクの芽、人参、ピーマン、豚肉が炒め野菜になっていて、あんかけになって醤油ラーメンにかかってます。

 しかし、そこは中本。

 辛さを表現する糸切り唐辛子と輪切りの鷹の爪がトッピングされている、というお姿。

 今日の都度調理の担当は、社員も近いという「翔ちゃん」ですが、高級中華で食べているようなキャベツの食感は素晴らしかった。

 先週も翔ちゃんの調理で味噌卵麺をいただいて唸ったんですが、いやー、きてます。

 寒い季節なのであんかけが嬉しい。

 ライスと食べたいのですが、さすがに喰えないと思い愛する半熟味玉をトッピングしました。

|

« 『GXRワークショップ』と『桃鉄ごはん』 | Main | 「魚のほね」のメヌケ鍋 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/47471754

Listed below are links to weblogs that reference 中本・新宿店の「TOKIO(登喜男)醤油 」:

« 『GXRワークショップ』と『桃鉄ごはん』 | Main | 「魚のほね」のメヌケ鍋 »