« 『安田講堂 1968‐1969』 | Main | 三友軒のカレーライス »

February 19, 2010

昼下がりの砂場で一杯

Akasaka_sunaba_atsukan

室町 砂場 赤坂店 港区赤坂6-3-5 3583-7670

 三津五郎さんがどこかのインタビューで答えていたんですが、「素通りできないところ」という質問に、赤坂の砂場をあげていたんです。

 なるほど!と思いましたね。

 あそこら辺の一角は、ビル谷間のちょっと殺風景な場所なんですが、そんなところに見事な日本家屋で、まだ蕎麦屋をやってもらっているありがたさったらありません。

 都会のオアシスといっては月並みすぎますが、市中山居の気分でホッと昼酒を飲むことができれば、最高じゃありませんか。

 さらにうまい蕎麦をたぐることができれば言うことなし。

 最近は寒い日が続いていますが、こんな日に赤坂砂場の近くを通りかかったら、暖簾をくぐって「熱燗!」と頼まないわけにはいきません。

 この日は、熱燗を鶏ワサでいただきましたが、お通しもちゃんとしてます。

 しばし、ホッとして、蕎麦をたぐれば、「ま、もうちょっと頑張るか」という気分が蘇ってきます。

 赤坂に砂場があるありがたさをしみじみ感じます。

|

« 『安田講堂 1968‐1969』 | Main | 三友軒のカレーライス »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/47608332

Listed below are links to weblogs that reference 昼下がりの砂場で一杯:

« 『安田講堂 1968‐1969』 | Main | 三友軒のカレーライス »